プログラマーの就職先の企業の種類・活躍の場

プログラマーの就職先や活躍の場はさまざま

「プログラマーといえば就職先はIT企業」と考えている人は多いのではないでしょうか。

しかしIT業界といっても、さまざまなジャンルの企業があります。

加えてプログラマーといっても、IT企業だけが就職先とは限りません。

あなたがどのようなシステムに携わりたいかにより就職先は大きく変わりますから、選ぶ際にはIT業界にこだわらない姿勢が重要です。

ここではプログラマーの就職先や活躍できる場にはどのようなものがあるか、7つに分けて解説していきます。

プログラマーの仕事内容

SI企業

SI企業では、さまざまなシステムの作成を取り扱っています。

主な業務は依頼した企業や官公庁などが求める要件に応じて、オーダーメイドのシステムをつくる「受託開発」となります。

システム自体の規模が大きくなるため、多数のプログラマーが在籍しているほか、「協力会社」と呼ばれる他社の企業も多く参加しています。

それではシステム開発会社はどのような要件にも対応できるかというと、そうとも限りません。

各システム会社には、以下のような点に違いがあります。

・システムにはWebや業務システム、スマートフォンアプリなどがあり、企業ごとに得意・不得意の分野がある
・開発によく使うプログラミング言語やフレームワークの違い
・パブリッククラウドの活用や対応状況(Amazon Web Services、Google Cloud Platform、Microsoft Azureなど)

このためシステム開発会社への就職を目指す場合は、事前に企業の事業内容や得意分野を確認した上で応募することが重要です。

自社サービスを運営する企業

プログラマーが働く職場のなかには、以下のように自社サービスを運営する企業もあります。

・Webサービスを提供する企業
・パッケージベンダー

これらは、特定の企業にフィットした形で作られる「受託開発」とは大きく異なります。

受託開発では、依頼する企業の要望をできるだけかなえることが重要なポイントになります。

しかし自社サービスを運営する企業では、サービスを利用するさまざまなユーザーから多くの要望が寄せられます。

そのためユーザーから「絶対に機能に取り込むように」と言われても、その通りにする義務はありません。

このような企業で働くプログラマーはとにかく多くの要望をかなえるという視点ではなく、以下の視点を持って動くことが求められます。

・法令との関連(法令遵守に関する内容は最優先)
・要望するユーザーの数(多いほど優先度が高い)
・修正のしやすさ(修正が軽微であるほど、要望を実現しやすい)
・他の機能への影響(他の機能への影響が軽微であれば、要望を実現しやすい)

次からは代表的な業界を3つ取り上げ、それぞれの特徴を解説します。

Webやスマートフォンアプリを開発する企業

Web開発の需要は増加しており、新たなWebサービスも続々と生まれています。

このようにWeb開発はいまやシステム開発の主流であるため求人も多く、プログラマーにとって人気の就職先の1つです。

Web開発は大きく分けて、2つの分野に分かれます。

・パソコンなど、ブラウザを使ったシステム
・スマートフォンアプリの開発

Webの開発においては技術の進化が速いIT業界のなかでも、特に変化が著しいことが特徴です。

たとえば新しい言語や開発方法が続々と現れていますから、変化についていくためには日々の学習が欠かせません。

一方でオープンソースを用いた開発が可能なことから、個人でもおおいに活躍できることは魅力のひとつです。

一例としてAndroidアプリを自作して公開したり、Webサイトを立ち上げるなどがあげられます。

家電や自動車などのメーカー

プログラマーの就職先はIT企業に限らず、家電メーカーや自動車メーカーなどもあります。

多くの家電や自動車、産業機械など、メーカーの製品にはソフトウェアのプログラムが書かれた基板が組み込まれています。

これによってさまざまな機能が実現できていますから、プログラマーにとってやりがいのある仕事といえるでしょう。

加えてインターネットへの接続も重視されるポイントの1つですから、求められる役割は大きくなっています。

プログラマーにとっては、能力を発揮しやすい場の1つといえるでしょう。

ゲームの開発会社

ゲームの開発会社も、プログラマーの主な就職先の1つです。

特にスマートフォンアプリやソーシャルゲームが注目されており、プログラマーの需要も高くなっています。

また2010年代後半からは「eスポーツ」という分野も出てきており、注目されています。

ゲームは以下の事項を同時に実現する必要があるため、能力のあるプログラマーは高いスキルを発揮できる就職先といえるでしょう。

・操作に対してスピーディーに反応すること
・機器(ハードウェア)やネットワークの能力を最大限に生かした設計
・課金が可能なゲームの場合は、正確に処理されること

ゲームの開発会社にはベンチャー企業も多いため、選択肢が多いことも特徴です。

実力があれば、早くから責任ある立場を任されやすいことも魅力といえるでしょう。

顧客先への常駐をメインとする企業もある

プログラマーを求める企業のなかには自社で開発を行わず、他の企業に常駐させることをメインとする場合もあります。

この場合は他社の開発案件に「協力会社」という立場で参加し、システム開発に協力することが主な業務となります。

またこの業態は「SES」(システムエンジニアリングサービス)とも呼ばれます。

多くの方はプロジェクトを渡り歩くことになりますから、さまざまな業種や言語を使ったシステム開発を経験できることはメリットにあげられます。

一方で、以下のデメリットもあることには注意が必要です。

・上流工程は常駐先の社員が携わることが多いため、SES企業の従業員にはなかなかチャンスが来ない
・いわゆる「下請け」の立場であるため、給料が少なくなりやすい
・プロジェクトごとに求められるスキルが大きく変わる場合もあり、一貫性のあるスキルアップをしにくい
・常駐先の業績が悪化すると、契約を打ち切られるリスクがある

SES企業の仕事は需要にあわせて決まる側面もあるため、「特定の分野をじっくり究めたい」という方には不向きといえるでしょう。

フリーランスとして独立

もしあなたが第一線のプログラマーと同様、またはそれを上回る実力をお持ちならば、フリーランスとして独立する方法もあります。

たとえばどこかの企業と契約することができれば、会社に勤める人以上に活躍でき、また自由な働き方が可能です。

また自分自身で売れるアプリやサービスを開発・運営できれば、大きな収入を得ることも夢ではありません。

一方でフリーランスには雇用保険や社会保険といった保障がないため、仕事がなくなるととたんに収入が途絶え、日々の生活にも苦労するリスクがあります。

フリーランスは実力がある方には大きなリターンを得られる働き方ですが、一方で上記のリスクがあることにも留意が必要です。

「プログラマーとしてどこで働けば良いのか、転職先を迷っている」という場合は、マイナビITに相談してみてください。

マイナビITは、ゲーム系やメーカー、コンサルティングファームなど多彩なプログラマー向けの求人を用意しているため、自分によりフィットした求人を見つけやすい転職エージェントでとなっています。