文系でもプログラマーになれる? 数学力は必要?

文系もプログラマーになれる?

この記事をお読みのかたは、「文系でもプログラマーになれるのか?」を気にしていることでしょう。

多くのIT企業において、文系のプログラマーが活躍しています。

企業によっては、文系と理系の比率がほぼ同じという場合もあるほどです。

ゲームやAIなどに携わるプログラマーの場合は難しいかもしれませんが、業務システムなど企業でよく使われるシステムの場合は、問題なく業務をこなし、実力を発揮することが可能です。

そのため文系だからといって、引け目を感じる必要はありません。

むしろプログラミング能力があるかどうか、入社後にどれだけ活躍できそうかといった点のほうが、選考においては重要な要素となります。

文系のプログラマーの強み

文系のプログラマーのなかには、以下のような強みを持つ方も多いと思います。

・コミュニケーションが得意な方が多い
・文章作成を得意とする方が多い

そもそもプログラマーは、チームで働くことが多い仕事です。

そのためシステムエンジニアや他のプログラマー、プロジェクトリーダーなどと意思疎通を図り、連携を取りながらプログラミングを進める必要があります。

この点でコミュニケーションが得意な方は仕事に生かし、あなた自身の活躍につなげることが可能です。

またプログラマーはプログラムを組むだけでなく、仕様などについてドキュメントを作る機会も多いです。

このため文章作成が得意な方は、強みを生かして働くことができるでしょう。

文系のプログラマーの弱み

文系のプログラマーのなかには、文系ならではの弱みを持つ方もいます。

代表的なものに、物事を順序立てて考える「論理的思考力」があげられます。

理系の方の場合は数学の証明などで、高校生のうちからこのような考え方を身につけた方も多いでしょう。

一方で文系は数学が不得意でもなんとかやっていける場合があるため、論理的な考え方が苦手な方もいるかもしれません。

一例として「100以下」の条件をチェックする際に、どの数字でチェックするか決めるケースがあげられます。

整数ならば99、100、101の数字を選ぶのが正解ですが、論理的思考力が低いとこの数字を選べないという結果になります。

プログラマーに数学力は必要?

プログラマーは理系の職種であり、数字を扱うこともあるため、数学力が必要と思う方もいるかもしれません。

しかし実際には、高い数学力は求められない現場が多いです。

それよりも必要とされることに、アルファベットに抵抗がないことと、論理的思考力があげられます。

プログラムを組む場合、どの言語でもアルファベットを使用していますから、英数字に抵抗感がないことは必須条件です。

またプログラムにおいては、順接や逆説、否定、条件分岐など、論理的な考え方が頻繁に用いられます。

そのためプログラマーとして仕事をするためには、論理的思考力を持っていることは欠かせません。

多くの企業は文系・理系関係なく採用している

ここまで解説した通り、プログラマーには文系のスキルも求められます。

そのためプログラマーを採用する際、多くの企業は学部・学科不問としています。

選考ではプログラマーとしての適性があることや、プログラミングの基礎能力を持っていることが重要視されます。

そのためあなた自身をうまくアピールできれば、文系でも理系でも採用を勝ち取ることができます。

ただし一部の企業では理系出身者だけを採用する場合や、特定の大学・学部・学科だけを選考対象とする場合もあります。

一例として、一定以上の数学の知識を求める場合などがあげられます。

このため応募の際は、募集要項をよく確認することが必要です。