メイクアップアーティストの勤務先と仕事内容の違い

メイクアップアーティストの勤務先は多岐に渡り、仕事内容も勤務先で異なります。

そのため、就職先によってできることが変わるため、やりたいことを明確にしておきましょう。

この記事では、メイクアップアーティストの勤務先と仕事内容の違いについて解説します。

メイクアップアーティストの勤務先

メイクアップアーティストのおもな勤務先

メイクアップアーティストの仕事内容は、勤務先などによって少しずつ異なるため、どのような活躍をしたいかによって就職先を考えるとよいでしょう。

メイクアップアーティストの仕事内容

\締め切り間近!/
キャリアガーデン 無料オンライン特別セミナー Web面接力をアップさせるには 採用面接での通過率を上げるポイント 2022年9月28日水曜日 20時〜21時

化粧品メーカーで働くメイクアップアーティスト

一般企業への就職という観点で考えた場合には、代表的な就職先として化粧品メーカーが挙げられます。

メイクアップアーティストのスキルをもつ人は「メイク部門」などに配属されることが多く、百貨店などの化粧品売り場でお客さまにメイクアップを施しながら、自社商品を販売するほか、新製品の開発に携わる人もいます。

あくまでも企業の社員として働くことになるため、メイク道具も自社製品しか使えないという制約があったり、メイクだけを専門にしたりすることはできません。

しかし、会社員の立場で仕事ができ、給料や福利厚生などが比較的安定しているところは特徴といえるでしょう。

プロダクションに所属して働くメイクアップアーティスト

メイクアップアーティストにとってヘアメイクのプロダクションも代表的な就職先です。

プロダクションに所属するメイクアップアーティストは、

  • 雑誌・広告のヘアメイク
  • テレビ・映画

などの現場で仕事をします。

雑誌・広告のヘアメイク

雑誌や広告などの撮影現場で、モデルや俳優にメイクを施します。

編集部や制作会社などと打ち合わせをし、その媒体の目的や流行に合わせたヘアメイクを提供します。

その場の状況によって別の指示が飛ぶこともあるため、臨機応変に動く必要があります

テレビ・映画

テレビ番組やCM・映画など、映像関連の制作現場でもメイクアップアーティストは活躍します。

俳優の個性を引き出すことや、クライアントの指示通りのイメージに仕上げていくことが求められます。

作品によっては長期間帯同したり、さらに早朝から深夜まで長時間勤務になったりする場合があります。

ブライダルサロン・撮影スタジオで働くメイクアップアーティスト

ブライダルサロンでは、結婚式でのヘアメイクを担当します。

晴れ舞台を最高の一日にするために、お客さまの希望をヒアリングしながら、お客さまに合ったメイクを施していきます

写真スタジオでは、記念写真をするお客さまに対して、より美しく見せるためのメイクを施します。

\締め切り間近!/
キャリアガーデン 無料オンライン特別セミナー Web面接力をアップさせるには 採用面接での通過率を上げるポイント 2022年9月28日水曜日 20時〜21時

特殊メイク専門のメイクアップアーティスト

特殊メイクの分野を専門とするメイクアップアーティストもいます。

シワや傷を本物のように見せたり、別の顔を作ったりする特殊メイクは、映画やドラマ、また、演劇などの舞台でも求められています。

特殊メイクの分野で活躍するメイクアップアーティストは、テレビ局に所属する人もいれば、特殊メイク専門のプロダクション勤務、あるいはフリーランスで活動する人もいます

独立・開業して働くメイクアップアーティスト

実力をつけた人の中にはフリーランスになり、特定の企業などに所属せず、自分で仕事を見つけてさまざまな案件をこなす人もいます。

売れっ子になれば日本はもちろん、世界でも活躍できる可能性もありますが、ヘアメイクの世界は実力主義のため、フリーとして生き残るのは決して簡単なことではありません

メイクアップアーティストの勤務先のまとめ

メイクアップアーティストは化粧品メーカー・プロダクション・ブライダルサロン・撮影スタジオなど多岐に渡って活動しているため、勤務先もさまざまです。

例えば一般企業という点から化粧品メーカーへ勤務したり、実力をつけて独立する人もいます。

メイクアップアーティストは、勤務先などによって仕事内容も少しずつ異なるため、就職先を考えるときはどのような活躍をしたいかによって決めるとよいでしょう。