男性でも管理栄養士として働ける?

男性も管理栄養士になれる?

栄養士や管理栄養士というと、どうしても「女性の仕事」と思われがちかもしれません。

しかし、実際には第一線で活躍している男性管理栄養士も多くおり、女性と何ら変わらずに働くことが可能です。

もちろん管理栄養士の国家資格も、男女問わず取得を目指すことができます。

管理栄養士の仕事内容についても性別によって違いがが出るわけではなく、栄養指導や献立の作成、給食調理などに携わっていきます。

管理栄養士が活躍できる領域は幅広く、食や栄養、料理などに興味がある男性であれば、管理栄養士としてステップアップしながら専門性を存分に発揮することができるでしょう。

最近では、とくにスポーツ分野でアスリートを対象として栄養管理などを行う管理栄養士を目指す男性が徐々に増えているようです。

男性の管理栄養士の働きやすさは?

管理栄養士は、栄養のプロフェッショナルとしての活躍が期待され、病院や高齢者施設、学校、民間企業など、さまざまな場所で活躍することができます。

パートなど非正規雇用で働く人もいますが、正社員の求人も決して少なくありません。

しかしながら、給料や待遇は職場によってだいぶ差が出ており、良い条件の企業や施設では就職試験の倍率もかなり高くなることがあります。

なお、管理栄養士は公務員として働くこともでき、その場合は民間よりも安定した働き方が実現しやすいでしょう。

一方、組織に所属するのではなく、経験やスキルを生かして管理栄養士として独立し、フリーランスとして働く人もいます。

しっかりと勉強をして専門性を磨くことで、さまざまな働き方ができる仕事だといえます。

男性が管理栄養士になる強み・弱み

強み

管理栄養士の職場の種類は多岐にわたりますが、職場によっては男性職員の数が圧倒的に少ないことがあります。

すると、力仕事など女性には厳しい仕事を任される機会も多くなり、信頼されて職場になくてはならない存在になることができるかもしれません。

また、管理栄養士が栄養指導などをする相手は、男性女性問わず、年齢もまちまちです。

女性の管理栄養士が多いからこそ、男性がいることで相手に安心してもらえることがあったり、「女性にはちょっと相談しにくい…」と思っている人にもスムーズに対応できることがあります。

弱み

メリットで挙げた通り、管理栄養士が働く職場は女性が多い場合もあるため、女性と上手にコミュニケーションをとっていく努力が求められます。

場合によっては男同士での会話がほとんどできない職場もあるかもしれません。

また、男性だからといって、何かと大変な仕事を任されることもあるようです。

ただし考えようによっては、責任ある仕事をたくさん経験していくことで早くキャリアアップすることができたり、昇給にもつながっていったりする可能性があります。