回答者:フラッシュさん(男性/24歳)

職業名:医療機器商社 営業 / 現在の状態:経験者 / 経験年数:1年半

仕事内容
私は医療という専門性の高い分野で責任の大きい仕事をやりたいという思いからこの仕事を選びました。

会社は京都に本社があり、関西圏に6支社ある中堅企業で、従業員は350名程度でした。

私の職場での役割は、循環器専門のMEとして病院へカテーテルやその他の医療機器の販売を主にしておりました。
仕事のやりがい
やりがいは間接的ではありますが、患者さんを救えることができることです。

とある休日、私は家でゆっくり休んでいると得意先の病院から「至急カテーテルを持ってきてくれないか」と電話がありました。

私はとにかく急いでそのカテーテルを持っていき、患者さんの治療が終わるのを待っていると「おかげで命助かったよ」と先生から感謝と労いの言葉を頂いたのです。

休日ではありましたが、1人の命を救えたことは何よりの喜びと嬉しさがありました。
覚悟しておいた方がいいこと
覚悟しておくべきことは、残業が多いことと休日出勤もやむを得ないということです。

営業先が病院ということもあり、予定通りに上手くいくことなどは滅多にありません。

そのためにデスクワークがなかなか終わらずに残業になってしまったり、急患のために休日出勤を余儀なくされるということもあるので注意が必要です。
給料・待遇
私は大学卒業後に新卒としてその会社に入社したのですが、1年目の月収の手取りは21万円でした。

もちろん、未熟な立場ということもあってボーナスも微々たるものでした。

しかし、会社の飲み会費用は無料であったり、トレーニング施設の無料開放などの福利厚生の部分はとても良かったと思っています。
この職業の恋愛・結婚事情
お得意先が病院ということもあり、やはり看護師などの同業の方との恋愛が多いと思います。

私の先輩や上司も看護師の方と結婚されましたが、結婚後も共働きでお互いに刺激し合えるのでとてもいいと話しておられました。

ですから、この仕事に携わる上で恋愛に関しては何の問題もないと思います。
この職業を目指す人へのメッセージ
正直にいってこの仕事は給料があまり高くない割には大変な仕事だと思います。

しかし、目の前の命を救えることや社会的責任の大きい仕事ができるのでプロフェッショナルとしての誇りを持つことができます。

自分自身を成長させるには最適な仕事だと思いますので頑張って下さい。