保健師の働き方の種類・雇用形態

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

保健師の働き方

保健師は、行政機関で公務員として働くにしろ、民間の企業などで働くにしろ、正社員や正職員として採用されるケースが多いです。

国家資格をもつ専門職として、安定した働き方が望めます。

ただし、イレギュラー的に派遣保健師として働く方法や、期間限定の契約アルバイト・パート等で働く方法もあります。

さまざまな活躍の場のなかでも、とくに企業で働く産業保健師は多数の求人があるわけではないため、欠員募集が行われるタイミングを逃さないようにすることが重要です。

保健師の雇用形態の種類

ここでは、保健師の3つの働き方を取り上げます。

行政保健師として働く

行政保健師は公務員の立場であるため、保健師の資格を取得することに加え、公務員採用試験を受けて採用された人が活躍できます。

正規雇用されることで公務員としての安定した待遇が望めることもあって、人気がある働き方です。

行政保健師は、保健所や保健センターを中心に勤務し、地域住民の健康管理や健康推進のための活動に取り組みます。

産業保健師として働く

産業保健師は、民間の企業や事業所、病院などの組織の職員として働きます。

おもな仕事は職員やスタッフなどその組織に属する従業員の健康診断や健康指導、メンタルヘルスケア、メタボリックシンドロームなどの成人病や生活習慣病の予防などです。

設置義務が法律で課されていないため、すべての企業に産業保健師がいるわけではありませんが、中・大企業では産業保健師の求人が出ています。

企業の規模にもよりますが、産業保健師は公務員の行政保健師よりも高収入が期待できます。

雇用形態は正社員であるケースがほとんどで、勤務時間や休日などは就業規定によりますが、ほかの社員や職員と同様の勤務時間であることが多いでしょう。

学校保健師として働く

あまり数は多くありませんが、各種学校に常駐する保健師が、正職員として雇用されることがあります。

学校保健師のおもな業務の内容は、ケガや病気の応急処置、健康管理などです。

これらは、保健室の先生と呼ばれる「養護教諭」と似ている点もありますが、養護教諭は教育者であり、保健師とは役割も資格も異なります。

保健師は派遣社員やパートとして働ける?

派遣の保健師

企業などでは、新年度の健診シーズンや社内の健康に関するイベントなどで、一時的に常時勤務している保健師以外に、保健師が数名必要になるタイミングがあります。

このような単発的場面において、活躍するのが派遣保健師です。

派遣保健師の仕事の内容は、受ける仕事や派遣される事業所により異なりますが、通常はそこで働く保健師の補助業務になります。

即戦力として高時給を得ながらさまざまな職場で視野や経験を広げたい、自分の希望のライフスタイルを重視したいと考える保健師にぴったりな働き方です。

就業場所や時間、給与など、条件で職場を選ぶことができるため、最もよい条件で働きたいと考える人にはメリットがあります。

保健師の派遣社員は、その専門性の高さから時給も高く、時給2,000円以上になることは珍しくありません。

一般的な派遣の仕事と比べても割のよい仕事といえるでしょう。

派遣社員の保健師として働いているのはおもに女性で、結婚や育児でフルタイムでは働けないけれど資格を生かして働き続けたいと考える人たちが、派遣社員として活躍しています。

ただし、よいタイミングで希望の派遣先が見つかるとは限らず、正規雇用に比べると長期的なキャリアは築きにくいなどのデメリットもあります。

また、派遣保健師は派遣会社と契約を行うため、基本的にボーナスや諸手当などはないケースが多く、交通費も時間給に含まれている場合もあります。

パートの保健師

保健師としてフルタイムで働くことができないという人に向いているのが、パートで働く方法です。

パートタイムの保健師は、自分にあった条件で働くという点で派遣の保健師と似ていますが、派遣保健師は雇用主が派遣会社であるのに対し、パート保健師は雇用主と直接契約を結びます。

また、派遣のように期間限定の雇用ではなく、一定期間雇用が継続することが多いです。

パートタイム保健師の仕事内容は、経験やスキルによって正社員の補助業務となる場合もあれば、正職員とまったく同じ仕事を任せられることもあります。