グラフィックデザイナーの勤務時間・休日・残業

グラフィックデザイナーは、出稿日・納品日に合わせて仕事を進めていきます。

そのため、時間通りに出勤して時間通りに退勤できる日はほとんどないのが実情です。

また、慢性的な残業が続くこともあります。

休日も出稿日・納品日によっては規則的に休みを取ることが難しい職業です。

この記事では、グラフィックデザイナーの勤務時間・休日・残業について解説します。

グラフィックデザイナーの勤務時間

広告なら出稿日、セールスプロモーションツールなら納品日が決められているため、グラフィックデザイナーはそれに間に合わせるよう仕事を進めなくてはなりません。

そのため、グラフィックデザイナーだけでなく広告業界全体は残業が多くなりがちな労働環境にあり、慢性的に残業が続くこともあります

グラフィックデザイナーが働く広告代理店や制作プロダクションは、一定の勤務時間が定められていても、時間通りに出勤して時間通りに退勤できる日はほとんどないのが実情のようです。

とはいえ、遅くまで残業になった日の翌日は午後出勤が認められるなど臨機応変に対応できる会社も多く見られ、

  • フレックス制の導入
  • 夕方に出てきて朝まで仕事をする夜型パターン

などで働くグラフィックデザイナーも見られます。

いずれにしても不規則で過酷な労働条件であることに間違いなく、会社によっては残業代がつかないなどの問題があるため、社員の入れ替わりが激しいことも広告業界の特長だといえるでしょう。

グラフィックデザイナーの休日

一般的な広告代理店や制作プロダクションは完全週休2日制をとっていますが、グラフィックデザイナーはその規則通りに休めるとは限りません

入稿日を守ることが一番重視されるため、残業や休日出勤を余儀なくされることもあります。

たいていの場合は後日、代休を取れますが、現場の状況や仕事量により残業や休日出勤ばかりが増えていくこともあります。

グラフィックデザイナーの残業

広告業界は深夜残業が当たり前で知られ、激務であるというイメージが強いようです。

深夜に及ぶ残業になってしまった場合でも、翌日も朝から出社しなければならない会社や、休日に出勤しても代休が取れない会社のような劣悪な労働環境の会社も実在します。

たいていの広告代理店や制作プロダクションでは、深夜まで残業になった場合、翌日は午後からの出勤にしたり、徹夜で仕事をした場合は「明け」として休日とみなしたりするなど、柔軟な働き方ができるようになっています

また休日出勤の場合も後日、きちんと代休を取れるのが一般的です。

グラフィックデザイナーは忙しい? 激務?

グラフィックデザイナーは不規則な勤務のため、激務と考えている人が多いようです。

グラフィックデザイナーは手を動かすのが仕事のため、パソコンに向かい黙々と作業をすることが多く、ほかのクリエイティブ職に比べると仕事が大変という印象を受けるようです。

一方、同じクリエイティブ職でも、コピーライターやプランナーは「考える」ことがおもな仕事です。

忙しさにはあまり違いはありませんが、インターネットや図書館で資料を探したり、情報収集に出かけたりと、仕事中でも机を離れて動いたり気分転換ができるという点では、グラフィックデザイナーとは大きな違いがあるといえるでしょう。

グラフィックデザイナーの休日の過ごし方

グラフィックデザイナーは仕事が忙しく、なかなかまとまった休みを取れません。

そのため業務量を調整して休日出勤分の代休をまとめて取り、旅行を楽しんだり趣味に没頭したりする人が多いようです。

グラフィックデザイナーは日ごろ根を詰めて働いている分、まとめて休みを取ることを楽しみにできる前向きな考え方の人でなければ続かない職種だといえるかもしれません。

グラフィックデザイナーの1日・生活

グラフィックデザイナーの勤務時間・休日・残業のまとめ

グラフィックデザイナーの勤務時間は、不規則で過酷な労働条件であることが多く、慢性的に残業が続くこともあります。

入稿日を守ることが一番重視されるため、残業や休日出勤を余儀なくされることもあります。

しかし、たいていの広告代理店や制作プロダクションでは、柔軟な働き方ができるようになっています。