動物看護師の働き方の種類とその特徴

動物看護師の雇用形態

動物看護師は、正社員で働く人がいるほか、アルバイトやパートとして働く人も少なくありません。

動物看護師も派遣で働くことは可能な仕事ですが、現状、動物看護師の派遣の求人はさほど多くないようです。

また、動物看護師の仕事は動物病院など特別な施設で行われることが多いため、フリーランスや在宅・副業で働いている人はほとんどいないといわれています。

正社員の動物看護師

動物病院で働く動物看護師は、正社員の割合が少ないのが現状です。

特に個人病院などの場合は、正社員ではなく契約社員やアルバイトが多くなっているため、新人のうちは正社員として採用されるのは難しいかもしれません

派遣の動物看護師

派遣の動物看護師として働くには

派遣の動物看護師の求人は、あまり数は多くありません。

もし派遣の動物看護師として働きたい場合には、動物やペット関連の派遣サービスを手掛ける派遣会社へスタッフ登録します。

一般的な派遣会社でも、動物看護師のスキルがある人を求めるところがあるようですが、派遣の場合は即戦力になれる人が求められる傾向が強く、未経験者では難しいケースが多いようです。

それまでの勤務実績や経験、保有資格などをアピールできるかどうかが勝負になってくるでしょう。

ペットシッターのサービスを行う仕事も

動物看護師の派遣の仕事として、「ペットシッターの派遣サービス」があります。

飼い主の外出中のペットのケアや、高齢で介護が必要なペットの世話などを飼い主に変わって動物看護師が行うもので、動物の看護や介護のほか、日常のペットのケアやダイエットなど、飼い主の要望に合わせたサービスを提供していきます。

動物看護師としてペットシッターの仕事をするには、ペットシッター専門の派遣サービス会社にスタッフ登録をするのが一般的です。

アルバイト・パートの動物看護師

アルバイトの動物看護師として働くには

動物病院の求人には、アルバイトも多く見受けられます。

正社員となると、実務経験者や動物看護専門学校の卒業者であることが応募条件になることが多いですが、アルバイトの場合は経験不問での募集も多く、未経験から現場で仕事を覚えていきたいといった人にもチャンスが広がります。

給料は働いた時間分だけ時給としてもらうことになり、経験に応じて差がつくことが多く、都市圏では1,000円程度が相場となっています。

勉強をしながら経験を積む人も

アルバイトは決して高額な収入が得られるとはいえませんが、正社員と異なり、時間に融通がつけやすいため、家庭と両立したり動物看護の専門学校などに通ったりしながら、空いている時間を使って現場経験を積む目的で働いている人もいます。

ただし、院内の清掃や事務処理、電話対応などを任され、「動物看護師」という名前が付いていても、動物になかなか触れられないといったケースもあるため注意が必要です。

アルバイトから社員になれる?

病院によっては、アルバイトとしての働きぶりが認められればそのまま社員に登用してもらえることがありますが、動物看護師の場合そこまで正社員登用は多くないのが実情のようです。

ただし、アルバイトとしての経験を積めば、もっと条件のよい職場に転職することもできます。

本当に自分がこの仕事を続けていけるのか不安がある場合や、正社員の求人がなかなか見つからないといった場合は、まずアルバイトとして飛び込んで仕事を経験してみるのもよいかもしれません。