予備校講師に向いている人、適性

熱意がある人

学校とは違い、予備校には学力を上げたい生徒だけが集まってきます。それだけに、授業にも熱意を持って取り組んでくれます。

一生懸命に教えてくれる先生は人気が出やすくなりますので、勉強や授業に対して熱意を持っている人は予備校講師に向いているといえるでしょう。

担当する科目を徹底的に勉強する努力が必要

予備校講師は、基本的には一つの科目に特化して授業を行います。科目の内容、大学入試の過去問、公式の解き方など、勉強方法を徹底的に研究しなくてはいけません。

また、自身の学力を維持し、学習指導要領の改訂や出題傾向の変化についていくためには、継続的な努力が必要になります。

そうやって培ったものをベースに、どうすればより生徒に授業内容を理解してもらえるかを考えるのが予備校講師の務めです。

とくに最近の大学入試では、思考力や発想力など、学生の個性が問われる問題が増えているようです。

理解力にプラスして一人ひとりの独創性を高めなくてはいけないため、よりレベルの高い授業が求められます。

このような時世の流れにも対応できるよう、予備校講師は担当科目について深く理解しておく必要があります。

人前で話すのが得意

授業スタイルの予備校が多いため、大人数の前でも物おじせずに話せることは予備校講師にとって重要なポイントです。

採用の際に行われる模擬授業でも、声の大きさや度胸はかなり重視されるようです。

さらに、自分の理解していることを人に教えることが上手な人も予備校講師に向いているといえるでしょう。

難解な問題をいかにわかりやすく説明できるかが、予備校講師の腕の見せ所といえます。

日頃から兄弟や友人に勉強を教えてあげるなどして、練習をしておくのも有効です。心おきなく話せる身近な人であれば、教え方について的確なアドバイスもしてもらえるでしょう。

また、大学生のうちに家庭教師や塾講師のアルバイトをしておくのもいい経験になります。