運転手(バス・タクシー・トラック)への転職

転職条件を確認する

運転が好きで、運転手への転職を目指したいと考えている場合、まず何の運転手になりたいのかを決める必要があります。

バス・タクシー・トラックそれぞれ仕事内容は少しずつ異なりますし、求められる免許の種類も違います。

また、たとえ同じトラックドライバーといっても、2トン車もあれば、大型トレーラーやタンクローリーなどもあり、それぞれに必要な免許が存在します。

まずは、自分がなりたい運転手の姿を明確にして、必要な資格の取得を目指しましょう。

運転手(バス・タクシー・トラック)になるには

運送業界は運転手の高齢化が進み、未経験者でも若くて熱意さえあれば採用してくれる会社が増えているようです。

ただし、トラックなど特別な技術を必要とする世界では、いまだ経験者の採用を中心としているところもあるため、よく状況を確認してから転職を考えましょう。

会社選びも慎重に

運送業界には多くの企業があり、その規模もまちまちです。従業員にとっての「働きやすさ」を大事に考えているところもあれば、過酷な働き方を強いるところもあるため注意が必要です。

とくに、運転手は仕事柄、万が一の事故を起こしてしまう可能性もあります。そのような場合、会社がしっかりとサポートをしてくれるかどうかという点も調べておく必要があります。

会社選びの際には、評判や労働条件等をしっかりと確認し、後悔のない転職活動に臨みたいものです。

運送業界では今、若手を求める動きが活発化しており、これから運転手を目指す人にとっては追い風といえます。

また、経験があればあるほど信頼される職業でもあるため、実力がつくことで徐々に給料アップも望めます。

まずは「この仕事がしたい!」という気持ちを大切に、給料や福利厚生の面も含め、自分自身が安心して働ける良い会社を見つけましょう。