通訳への転職、未経験求人

通訳への転職は難易度が高い

外国語が得意であったり、海外と関連する仕事がしたい人にとって、通訳という職業はとても魅力的なものに感じられるかもしれません。

異業種から通訳へ転職したいと考える人もいるでしょうが、結論からいうと、通訳への転職を実現させるのは、そう簡単なものではないようです。

そもそも、通訳はそこまで求人が多い職業ではなく、とくに企業などで正社員として働ける求人はごくわずかです。

早くから将来の目標を「通訳になること」と定め、大学などで語学を専門に学び、通訳養成のためのスクールに通ってきた人でも、正社員としての就職が難しい場合もあります。

たいていの人は通訳エージェントや派遣会社に登録し、条件に合う案件を斡旋してもらえる日を待つことになります。

そのため、思い立ったらすぐ通訳として働けるというわけではないのが実情です。

もし通訳へ転職したいのであれば、高度な語学力を備えていることは必須です。

さらに、ITや金融など、いずれかの業界について精通しており、業界用語や専門用語まで理解できる人であれば、仕事も紹介してもらいやすく、転職がだいぶ有利になるかもしれません。

未経験から通訳になれる?

先に挙げたような理由もあり、未経験の状態からすぐにプロの通訳として働くというのは、ほぼ不可能に等しいと考えておいたほうがよいでしょう。

通訳の求人を見ても、まったくの未経験は不可となっていたり、実務経験が求められたりする場合が多いようです。

通訳は特別なスキルが求められるため、経験がないのであれば、やはり通訳養成のための専門学校やスクールに通って、基礎から通訳の技術を学ぶことをおすすめします。

なお、英語や中国語などは高い能力を持つ人がたくさんいて競争が厳しくなっていますが、ロシア語、ベトナム語、タイ語、ラオス語といったようなマイナーといわれる言語ができると、実務経験が浅くても優遇されるケースもあるようです。