通訳の就職先と活躍の場

通訳の活躍の場はさまざまです。ここでは、代表的な就職先と、どのような仕事をしているかについて紹介します。

通訳の就職先の例

企業の専属通訳者として

通訳の就職先としてまず考えられるのが、国際的な取引を活発に行っている民間企業で、「社内通訳」として就職することです。

たとえば貿易関係の企業や総合商社、グローバルに事業を展開する製造メーカーが挙げられます。

最近では英語を公用語として導入する日本企業も登場していますが、まだまだごく一部のケースに過ぎません。

ほとんどの日本企業では、専門的な用語を使ったり、複雑な取引を外国の企業と行ったりする場合、社内に専属の通訳者を配置して、取引に同行させたりテレビ電話で通訳を任せたりしています。

必要があれば幹部クラスの海外出張に同行通訳します。

また、専属の通訳でなくても、普段は営業や事務の仕事をしながら通訳の仕事を兼任しているというケースもあります。

政府や自治体

行政機関のなかには、国際交流の窓口や、産業活性化のために海外との貿易促進を担当する部門が設けられています。

そこでは一般の公務員として就職後、外交官や海外からのお客さまの同行通訳をしたり、海外とのやりとりをする中で通訳業務を行ったりしています。

また、警察や検察庁といった司法関連の領域では、「通訳人」という名称で通訳ができる人が募集されることがあります。

通訳スクール

通訳として活躍する人の大半は、通訳専門学校で通訳としての基礎を一から学びます。

専門学校卒業後、民間企業や行政機関、フリーランス通訳者として経験を積んでから、通訳スクールの講師として後進を指導することを目指す人も増えています。

フリーランスで活躍する人も

企業などの組織に属さず、フリーランスとして活躍する通訳もいます。

その場合、多くはエージェントに登録して仕事の依頼が来るのを待ち、派遣先の企業や行政の職場や取引先で通訳を行います。

通訳の花形である国際会議などでの同時通訳の仕事では、日本や海外で行われる官公庁や国際会議場での外交折衝や各種会合で活躍することができますが、実力や経験が求められます。