通訳の志望動機・例文

通訳の志望動機のポイント

通訳という職業は、人と人とを結びつけるという意味で人間好きであることが大切でしょう。

クライアントに人間として興味を持ち、双方を通訳というコミニュケーションのサポートする役目によって、依頼された側の目的である会議の成功や取引の成果という結果を実現します。

そう考えると、言葉を扱うという前に、人との出会いをコーディネートすることに対して興味を持っていることがポイントです。

また、通訳になりたいという人は、異文化交流に役立つことができるという想いが志望動機につながっています。

外国語を駆使して母国語とのやりとりを行う中「国際交流の架け橋的な存在になりたい」という夢はとても大切です。

ここでは企業での通訳の求人募集に応募することを想定して志望動機の一例をあげてみます。

通訳に応募するときの志望動機の例文

大学卒業後、大手旅行会社のツアーガイドとして勤務いたしました。入社当初は営業部署に配属されましたが、経験を積むうち、海外ツアーへの添乗員としての業務も任されるようになりました。

主に韓国や中国への団体ツアーを担当しておりましたが、通訳ガイドも同行するなかで添乗員として現地の言葉がうまく話せないことへのもどかしさを感じていました。

そのようななか、通訳ガイドの方の働きぶりをみるうちに旅行添乗員よりも通訳としての仕事に魅力を感じるようになり、世界を舞台に活躍できる通訳者を目指すようになりました。

前社での旅行業務の経験を生かしながら貴社にて通訳としてお役に立てればと思い、志望いたします。