トリマーの独立・開業

自分の店を持つために

トリマーは、経験とスキルが身に付けば独立・開業することが可能です。

トリミングの専門店を開こうと思ったとき、さまざまな方法が考えられます。店舗を買う方法、店舗を賃貸する方法、自宅を改装してトリミングルームを作るといった方法です。

また、最近では車でお客さまの家へ出張してトリミングを行う人も増えています。

この場合、車一台さえあればたいていの場所に移動してトリミングを行うことができるため、土地や建物を購入して店舗を開くよりも、ずっと初期投資を少なく抑えることができるのがメリットです。

トリマーは雇われの身だとあまり給料が上がらず、結果的にそれが原因となって辞めてしまう人もいます。

また、仕事を続けていく中で、自分が「こうしたい」と思うことがあっても、基本的には店の方針に従って働かなければなりません。

「自分が理想とするサービスを提供したい」「しっかりと稼ぎ、一生この仕事を続けていきたい」という気持ちがあるのであれば、腕を試せる「独立」を一つの目標にしてみるのもよいかもしれません。

トリミング店は立地条件が命

どのような形態で店を開くにしても、成功するために見過ごせないのは立地条件です。

その地域にどのくらいペットを飼っている人がいるか、どのような種類のペットが多いのか、トリミングを行う競合店は何軒あるのかなど、事前にしっかりとリサーチしてから店を出す場所を決めることが大切です。

最近は、トリミング店が続々と開店する地域もあります。

ライバルが多い場所に店を構えたい場合、その土地で商売をしたときにどれくらいの数のお客さんが見込めるのかを計算していなければ、長く続けていくことはできないでしょう。

とくに小規模の店舗を構えるのであれば、その土地で愛される店になることもポイントです。積極的に住民と関わりを持つために、自分自身が親しみやすい場所を選ぶということも必要な要素になってくるでしょう。

トリミング店でできるサービスは

トリミングのみを行う専門店であれば、トリマーの民間資格を持っていなくても店を開くことは可能です。

民間資格はあくまでも知識や技術を証明するためのものであり、これがないと商売ができないということではありません。

しかし、もしも店でトリミング以外のサービスを提供しようと思った時には、新たな資格が必要になる場合があります。

たとえば、動物病院のように動物の診察や治療をするためには「獣医師」の資格を持っていなければいけませんし、ペットショップのように動物を販売したり預かったりするためには、都道府県に「動物取扱業」の登録をしなければいけません。

このような資格や登録がないまま、先に挙げたトリミング以外のサービスを始めてしまうと法律違反になってしまうため、独立・開業する際は十分に注意する必要があります。

仕事体験談