トレーダーへの転職

もともとが狭き門

まったく他の職業から、証券会社のトレーダーに華々しく転職を遂げるという話は、実はかなり珍しいケースです。

もともと、日本の証券会社所属を中心としたトレーダー職は、大きく二つに分かれます。

一つは、証券会社に大学卒業後に新卒として入社し、営業店での営業を経験し、営業成績によって選抜されるパターン。

もう一つは、大学で金融工学等を専攻して、新卒から本部配属となって金融マーケットにかかわる職種としてトレーニングを受けるパターンです。

いわば、その会社に大学卒業後からずっといる「プロパー」といわれる人物がトレーダーとなることが一般的となっているのです。

他の業界で経験を積んだ後、証券会社に転職する人はたくさんいますが、その中からさらに特殊な職種であるトレーダーに転身するというケースはかなり珍しいのです。

そもそも、新卒であってもトレーダー職を志望していてもなかなか希望は通らないのですから、いわば中途入社の未経験者がトレーダーをやりたいと思っていて、なかなかそのチャンスがめぐってくる確率はかなり難しいのではないでしょうか。

トレーダーの仕事に興味があるのであれば、やはり遠回りしての中途採用での転職ではなく、新卒時の就職活動から、証券会社などに努めて自分の希望をアピールしていくのがトレーダーになる道への一番の近道ではないでしょうか。

他の証券会社からの転職

しかし、他の証券会社で成績優秀で働いていた人が、別の証券会社にステップアップとして転職した場合はまた話は別になります。

前の証券会社で、法人営業を中心に経験した人が、次の転職先でトレーダーとして抜擢されるということは考えられるでしょう。

その場合は、金融マーケットに関してのずばぬけた経験と知識、そして法人営業で培った卓越した折衝力が必須でしょう。