ツアーオペレーターの仕事、業務内容

海外旅行の各種手配を担当する

ツアーオペレーターは、海外旅行におけるさまざまな手配を担当する仕事です。

ホテルをはじめ、現地での食事やショッピング、観光、アクティビティ、送迎など、海外旅行に必要なサービスの手配を旅行会社からの依頼を受けて行うのがツアーオペレーターです。

一部の大手旅行会社では、自社でこうした予約を行っているところもありますが、多くの旅行会社では海外の手配はツアーオペレーターが専門的に担っています。

ツアーオペレーターは、お客さまの旅行先となる現地のツアーオペレーターと連携を取りながら、利用する各種施設に働きかけて手配を完了させます。

安心・安全な旅が楽しめるようにサポートする

ツアーオペレーターの最大の役割は、お客さまが海外旅行を安全・安心に楽しめるようにサポートすることです。

具体的な仕事内容は、大きく以下のように分かれています。

・空港からの送迎車の手配
・ホテルの予約
・観光ガイド、専用車の手配
・現地アクティビティツアーの手配
・レストランの手配
・その他の手配(スポーツの試合、ショーやコンサートなどのチケット手配)

お客さまは海外に不慣れな場合が多く、また現地の事情がよくわからないといったこともよくあります。

限られた時間に時間を有効に使って観光を楽しめるよう、ガイドの予約や送迎車の手配、またお客さまの希望に沿ったホテルの提案、さらにおすすめレストランの紹介や予約なども行います。

ツアーオペレーターはさまざまな業務をこなさなくてはなりませんが、しっかりとしたサポートを行えば、お客さまの旅の満足度を大きく向上させることができます。

旅行会社との違いは?

ツアーオペレーターの仕事を考えるとき、しばしば疑問点として挙げられるのが旅行会社とツアーオペレーターの違いについてです。

旅行会社は、ツアーを企画し、お客さまに店頭やWebなどで販売を行います。

一方、ツアーオペレーターは、旅行会社が企画したツアーに必要なサービスなどを旅行会社に提供します。

利用可能なホテルの調査や仮押さえ、情報提供などを担当し、旅行会社がツアーを実施のために必要なお手伝いをします。

ツアーオペレーターがお客さまと直接やりとりをすることは基本的になく、旅行会社と現地各種施設などとの間に立って、調整や手続きを行うのがツアーオペレーターです。

日本国内で販売されている海外パッケージツアーの多くに、ツアーオペレーターが関わっているといわれています。