ツアーオペレーターの1日

オフィスワークが中心

ツアーオペレーターは、基本的にはオフィスワークの仕事となり、事務作業が中心となるでしょう。

旅行会社の依頼を受けて、現地のツアーオペレーターに連絡をしながら現地のホテルやレストランなどの手配を進めていきます。

旅行をされるお客さまの要望はさまざまですが、できるだけその要望に沿えるような手配を確実に行うことが重要です。

なお、会社によってはツアーオペレーターが営業活動も行っており、お付き合いのある旅行会社のところへ出かけて海外の情報を提供したり、新しい案件を受注できるように努めることもあります。

また、自社でツアー企画・販売まで手掛けている会社の場合は、カウンターで接客をすることもあるようです。

ランドオペレーターのある1日

8:30 出社

出社後はメールチェックをし、朝礼に参加します。

9:00 事務作業

予約の内容確認とホテルの予約完了のメールを作成して、旅行会社の担当者へ送信します。

10:00 手配業務

旅行会社から依頼を受けたツアーの手配を進めていきます。依頼内容に疑問があった場合は都度確認。

12:00 休憩

ランチは同僚と一緒に食べに出かけることが多いです。

13:00 外回り

人によりますが、旅行会社のところへ営業に出かけることもあります。

定期的な挨拶で引き続き良好な関係で仕事ができるように努めると同時に、現在手掛けているツアーについて打ち合わせを行って情報共有をします。

16:00 事務作業

外出中に入っていた電話やメールの問い合わせに答えていきます。

17:00 手配業務

集中して、当日中に済まさなくてはならない手配を次々と処理していきます。

18:30 退社

繁忙期は遅くまで残業することもありますが、そうでない時期はできるだけ早く上がるようにしています。