ツアーオペレーターの就職、求人、募集の状況

ツアーオペレーターの募集状況は?

ツアーオペレーターのおもな就職先は、国内の一部の旅行会社、現地の旅行会社、またツアーオペレーター専門会社となります。

そのなかでもツアーオペレーター専門会社へ就職する人が多いとされていますが、ツアーオペレーターの会社は小規模のところが多く、定期採用が行われることはほとんどないようです。

一部の大手ツアーオペレーター会社を除いて、欠員が出た際に必要に応じて募集するのが一般的であり、観光系の専門学校や大学・短大で観光学を学んできた人でも、確実に就職できるとは限らず、就職は狭き門と考えておいたほうがよいでしょう。

求人情報の探し方

ツアーオペレーターの求人は、あまり数が多くないこともあって、見つけるのが難しいと感じるかもしれません。

旅行業界誌のほか、ツアーオペレーター業を営む会社で構成された「一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会」のWebサイトで情報を集めるのがよいでしょう。

一般社団法人 日本海外ツアーオペレーター協会

ツアーオペレーターの会社のWebサイトに掲載されることもあります。

もともと、ツアーオペレーターというと海外を訪れる日本人旅行者に向けてさまざまな旅行先での手配を行うことが中心業務でしたが、最近ではインバウンド、つまり海外の旅行会社から依頼を受けて、日本にやってくる外国人観光客の旅行手配を行う事業を手掛ける会社が目立つようになっています。

また、旅行ニーズの多様化によって、アメリカ、アジアといった特定のエリアを扱う専門会社の数も増えているようです。

求められる資格・スキル・学歴などは?

ツアーオペレーターの求人では、学歴は「不問」というものもあれば、条件つきになると「専門学校・短大卒以上」というものが多いようです。

スキルについては語学力、コミュニケーション能力が高い人は有利になりますが、資格は求められないことがほとんどです。

旅行会社でその専門エリアの業務を担当し、現地の事情に詳しくなり、コネクションを持った人が、転職をしてツアーオペレーターになるということもあるようです。