ツアーオペレーターの勤務時間・休日

勤務時間

ツアーオペレーター業を営む会社に勤務するツアーオペレーターの勤務時間は9:00~18:00くらいとなることが多く、実働は7.5時間~8時間程度となるでしょう。

いわゆる日勤のオフィスワークの会社員と同じような勤務時間となり、夜勤をしている人はほとんどいないようです。

正社員以外にパートタイムで働く人もおり、その場合は希望を出して1日に数時間程度の勤務をしている人もいます。

ツアーオペレーターの大半は、旅行会社から依頼を受けて、現地ホテルやレストランなどの手配業務を中心に行うため、個人のお客さまと接することは基本的にありません。

しかし、なかには自社でツアーの企画・販売まで行うところもあり、そうした会社では、担当する業務範囲に応じて店舗に立って接客を行うこともあるようです。

休日

ツアーオペレーターの休日は、土・日曜日を休みとする完全週休2日制が一般的となっているようです。

ただし、旅行業では繁忙期があり、ゴールデンウィークや年末年始といった世の中の大型連休に向けてツアーを申し込むお客さまが多い時期は、業務量がものすごく増えることが特徴です。

そのため、繁忙期には土曜日なども出勤日になることがあります。

繁忙期とそうでない時期の差が比較的激しい仕事となるため、落ち着いている時期はきちんと休みをとることもできるようです。

ツアーオペレーターは激務?

ツアーオペレーターは、基本的には裏方としてお客さまの旅をサポートする役割を担います。

普段は決まった仕事をコツコツとこなしていくといったことも多く、計画的に仕事を進めていけばさほど忙しくはないでしょう。

ただし、先にも挙げた通り繁忙期になると業務量が増し、残業時間も一気に増える可能性があります。

また、ツアーオペレーターが働く会社は規模が小さなところもあり、職場によっては少人数で仕事を回しているため、普段から忙しくなりがちというところもあるようです。