ツアーオペレーターへの転職

転職の求人は多い?

ツアーオペレーターは、すでに社会人経験のある人が、転職をしてなることも多い職業といわれています。

ツアーオペレーターの専門会社は規模があまり大きくないところも多く、大学や専門学校などを卒業したばかりの人を迎え入れる新卒採用を行っていないケースが目立ちます。

そうした企業では、退職者が出るなどの理由で人員が不足した場合に、不定期で中途採用を行うことが多くなっているようです。

したがって、ツアーオペレーターとして転職することは可能だといえます。

ただし、全体的に求人数がそこまで多いわけではないため、ツアーオペレーターとして転職を希望する人は、各社が求めている人材像やスキルなどをよく確認しておくことが大事になってくるでしょう。

未経験でもツアーオペレーターとして転職できる?

ツアーオペレーターの転職では、経験やスキルが重視される傾向にあるようです。

一部の大手企業を除いては、最小限の人数で仕事を回しているのが実情です。

そのため採用人数があまり多くなく、すでに経験があり、即戦力になれる人材が求められやすいといえるでしょう。

なかには「未経験歓迎」としている求人もありますが、語学力や豊富な海外渡航経験があるなど、何かしらアピールできるポイントを持っていたほうが採用されやすいでしょう。

ツアーオペレーター業務経験がなくても、旅行業界で働いていたことがある人はプラスに評価されることがあるようです。

働き方はさまざま

ツアーオペレーターの働き方は、正社員だけでなく派遣社員やパートなどさまざまあります。

会社によって募集する雇用形態は異なりますが、女性が多く活躍している仕事であることから、パートなどのフルタイム以外で働く人も少なくないようです。

また、海外で働くという道を選ぶことも可能です。

その人のキャリアの志向によって、さまざまな働き方ができることはツアーオペレーターの魅力といえるでしょう。