ツアーオペレーターの現状と将来性

ツアーオペレーターの現状は?

現地でのホテル、レストラン、アクティビティなどの手配を行うツアーオペレーターは、旅行者にとってはあまり馴染みない存在です。

しかし、ツアーを企画・販売する旅行会社にとって必要不可欠な存在であることは間違いありません。

現地の事情に明るいツアーオペレーターが手配部分を丸ごと担当することで、旅行会社はお客さまへのツアー販売に集中することができ、さらにお客さまに満足いただける旅を提供できることから、旅行業界のなかでツアーオペレーターは重要な役割を担っているといえるでしょう。

エリア特化やインバウンドの需要が伸びている

昨今の海外ツアーの特徴として、アジアやアフリカといった特定の地域を扱う専門のツアーオペレーター会社が増えていることが挙げられます。

それによって、ツアーオペレーターは現地に関するより深い情報を提供することが可能になっています。

もうひとつ、現在では日本全体としてインバウンド事業、つまり日本を訪れる外国人向けのサービスに力を入れていることも特徴です。

日本に興味を持つ外国人に対し、国内でのさまざまな旅のサポートを行うことで日本の魅力を伝える役割が期待されています。

将来性は?

どのような時代や世界情勢のなかでも旅行をする人は一定数おり、ツアーオペレーターが求められる場は今後もあるといえるでしょう。

ただし、インターネットを使って個人で手配を行うケースが増えていたリ、AIの活用などIT技術が加速度的に進歩しているなか、機械的に手配を行うだけのオペレーターの仕事は今後激減していくことも予想されます。

今後のツアーオペレーターには、ますます海外のさまざまな事情に精通し、一人ひとりの顧客のニーズを的確に理解して最適な提案やマッチングを行うことができるだけのスキルが求められてくるものと考えられます。

日本と海外の架け橋となり、国際交流に貢献できるような人材は活躍できるチャンスが広がるでしょう。