哲学者の就職先、活躍の場

教授として研究職に従事

哲学者の多くは活躍の場を大学や大学院といった高等教育機関に求めます。

もちろん常勤の教授や助教授、講師として勤務することを目指していますが、その空席は極めて少なく多くの哲学者がそのポストを狙っているのが現状です。

その他、非常勤講師として教鞭を取っている人もいます。

学校現場で教員として勤務

哲学者のほとんどは大学や大学院で教員免許を取得しているため、中学や高校の社会科の教員として活躍している人も多いです。

専門は倫理になりますが、それに限らず歴史や地理、公民、政治経済を教えることになり、その他、担任を持ったり、部活を受け持ったりと業務内容は多岐にわたります。

公立の場合は各自治体の採用試験、私立の場合は各学校の採用試験か私学適性検査で合否が決まります。

文筆家として活動

哲学者としてある程度の実績を積み、評価されれば書籍を出版し、その売り上げで生活をしていくことも不可能ではありません。

ただし、執筆のみで生計を立てている人はほとんどおらず、前述のような職業の傍らで執筆活動を行うことになります。

哲学的思考をあらゆる場で活用

哲学とはそもそも物事を深く探究する学問、つまり「考える」学問です。考えた結果、生まれた発想、言わば哲学を様々な場所で生かしている哲学者は実は多く存在しています。

したがって独創的な視点、独自の物事の切り口をもっていることから、一例として、クリエイティブな職種には哲学的思考に長けた人が就く傾向があり、芸術家もある意味では哲学者であるということができます。

哲学者が持ち合わせている思考力や洞察力が実社会で大いに役立てることができるといえるでしょう。

医療の現場で人間の根源を探究

最近では、生命倫理を研究する哲学者がその知識を活かして、医療や福祉関係の現場で働くことも増えています。

「人間としてより良く生きるにはどうすべきか」「命とはどうあるべきか」など人類にとっての永遠の命題を深く探究する哲学者が医療の現場に新たな風を吹き込むことが期待されています。