車掌の1日

1日の流れ

車掌は、昼間の時間帯に働く日勤の日もあれば泊まり勤務の日もあるため、出勤時間や勤務時間についてはその日の勤務スケジュールによって異なります。ここでは、出勤してから退勤までの勤務の大まかな流れをご紹介します。

<出社〜乗務準備>
制服に着替えて身だしなみを整えます。始業点呼を行い、重要な連絡事項は必ずメモをとります。「仕業表」でその日の乗務スケジュールをチェック。基本的に、車掌と運転士は同じ仕業が組まれているため、1日ペアで行動することになります。

<乗務>
車掌は勤務時間中、何時間も連続して乗務するわけではなく、1時間や1時間半程度で一度休憩をとり、また別の列車に乗務するという形を繰り返すのが一般的です。

別の車掌に異常の有無などの引き継ぎを行うのも大切な仕事です。

トイレや食事などは、その日の休憩時間に合わせて済ませます。場合によっては間の休憩時間が15分程度しかないこともあり、常に時計をチェックする癖が身に付きます。

乗務中はあまり動くこともありませんが、ホームの移動を伴うこともあるため、意外と体力を使います。

お客さまが乗る列車の乗務を担当することもあれば、回送車に乗務することもあります。また、泊まり勤務の日は、深夜の電車が動かない時間帯に3〜4時間程度の仮眠の時間を挟みます。

<勤務終了>
1日の乗務が全て終わると、終了点呼を行います。乗務中に何か異常がなかったか、また翌日の勤務スケジュールを確認し、着替えて退社します。

1日の流れ

車掌は、昼間の時間帯に働く日勤の日もあれば泊まり勤務の日もあるため、出勤時間や勤務時間についてはその日の勤務スケジュールによって異なります。ここでは、出勤してから退勤までの勤務の大まかな流れをご紹介します。

<出社〜乗務準備>
制服に着替えて身だしなみを整えます。始業点呼を行い、重要な連絡事項は必ずメモをとります。「仕業表」でその日の乗務スケジュールをチェック。基本的に、車掌と運転士は同じ仕業が組まれているため、1日ペアで行動することになります。

<乗務>
車掌は勤務時間中、何時間も連続して乗務するわけではなく、1時間や1時間半程度で一度休憩をとり、また別の列車に乗務するという形を繰り返すのが一般的です。別の車掌に異常の有無などの引き継ぎを行うのも大切な仕事です。

トイレや食事などは、その日の休憩時間に合わせて済ませます。場合によっては間の休憩時間が15分程度しかないこともあり、常に時計をチェックする癖が身に付きます。乗務中はあまり動くこともありませんが、ホームの移動を伴うこともあるため、意外と体力を使います。

お客さまが乗る列車の乗務を担当することもあれば、回送車に乗務することもあります。また、泊まり勤務の日は、深夜の電車が動かない時間帯に3〜4時間程度の仮眠の時間を挟みます。

<勤務終了>
1日の乗務が全て終わると、終了点呼を行います。乗務中に何か異常がなかったか、また翌日の勤務スケジュールを確認し、着替えて退社します。

タイムスケジュールの例

<ある日勤の日>
07:00 出社、準備、始業点呼(乗務開始の30分前~1時間前には出社することが多いです)
08:00 乗務開始(間に数分~数十分程度の休憩を挟みながら乗務します)
11:30 昼食(あまりゆっくりと食べられない日もあります)
12:15 乗務
15:30 勤務終了、終了点呼(その日にあったことを点呼役の上司に報告)
16:00 退社(乗務中の異常やトラブルがあった場合は、残業をすることもあります)

<ある泊まり勤務の日>
17:30 出社、準備、始業点呼
18:30 乗務開始
24:00 終電の乗務終了(ホームや車内で寝過ごしている人がいないかや、忘れ物がないかなどもよく確認します)
24:30 乗務員室で仮眠
04:00 起床、簡単な食事、身だしなみを整えて点呼
04:30 始発電車に乗務
07:00 勤務終了、終了点呼
07:30 退社(泊まり明けの翌日は休みになることもあります。次の出勤日のスケジュールは欠かさずにチェック)