ラーメン屋店長のやりがい、魅力

お客さまからの反応が何よりの喜び

ラーメン屋店長の一番のやりがいは、お客さまからの「ごちそうさま!おいしかったです」という言葉を聞けた瞬間です。

ラーメン屋店長にとって、自分が出すラーメンは、お客さまから目に見えないところでの努力と苦労の結晶です。

試行錯誤を重ね、本当に満足してもらえるだろうかという少しの不安を抱えて提供したラーメンで「おいしい!」とお客さまに笑顔になってもらえたら、それはラーメン屋店長にとって何よりの喜びとなります。

ラーメン店は、飲食業のなかでも作る側とお客さまの距離感が近く、お客さまが味わっている様子をダイレクトに感じることができます。

そうした反応を日々感じていくことが、ラーメン屋店長にとっての励みになるといえるでしょう。

店が変化していくのを見られること

ラーメン店は、開業すれば終わりというわけではなく、そこからが本当の勝負です。

どれだけ考えて店を出しても、お客さまが集まらなければ店を続けていくのは難しくなります。

実際、ほんの短期間で閉店に追い込まれてしまう残念なケースも後を絶たないといわれます。

しかし、苦労をしながらも何とか店を回し、少しずつ育てていくことで、それだけ愛着も湧いていきます。

日々お客さまの声を聞きながら、もっと良い店を目指して地道に長く営業していくことができれば、その店は店長にとってかけがえのない財産となるでしょう。

口コミで評判が広がっていくこと

ラーメン店は、「口コミ」による影響が非常に大きいといわれています。

とくに、今はインターネット上で簡単に口コミを書いたり読んだりすることもでき、わざわざ遠方から「この1杯」を求めてやってくる方も少なくありません。

そんな、ラーメン通をうならせることができた時には大きな達成感に包まれますし、少しずつ評判が広がって新しいお客さまが増えたり、ラーメン本などに特集されたりするようになると、それもラーメン屋店長にとっての喜びとなります。