ラーメン屋店長の1日

ラーメン屋店長のある1日

09:00 出勤
出勤すると、すぐにユニフォームに着替えてスープ、チャーシューなどの仕込み作業をスタートします。
10:30 開店準備
店内掃除を済ませ、看板を出したり机を吹き上げたりして、お客さまを迎える準備を整えます。
11:00 開店
開店と同時に次々とお客さまがいらっしゃいます。

スタッフ全員で元気よく「いらっしゃいませ!」と挨拶。自分たちにも元気を注入します。

12:00 ランチタイム
12時前後から、店は最も忙しい時間を迎えます。外で並んで待っている方も多数。

ラーメン店は何よりも回転率が重要であり、また昼休み中の会社員など急いでいる方も多いため、丁寧かつ手際よく注文をさばいていきます。

営業を手伝ってくれるアルバイトスタッフとの連携も大切です。

14:00 休憩
怒涛のランチタイムが終わると、いわゆる「アイドルタイム」といわれる休憩時間帯です。

ディナータイムに向けて、足りない具材やスープを仕込みます。

また、なくなりそうな材料は発注をかけます。合間をぬって食事や休憩もとります。

17:30 ディナータイム
夕方以降の時間帯には、学校帰りの学生さんや帰宅途中の会社員の方が中心に訪れます。平日は家族連れのお客さまも多数。

パラパラと客足は途切れることがありませんが、当日準備していたスープががなくなった場合には早めに営業終了とすることもあります。

閉店時間が近くなると、少しずつできるところから厨房内を片付けていきます。

23:00 閉店
看板をしまい、店内をくまなく清掃。売上金の確認をして翌日の営業に備えます。

当日出勤していたアルバイトには、次の出勤日を確認してもらいます。

24:00 帰宅
すべて片付けたら店の鍵を閉め、シャッターを下ろして帰ります。