ラーメン屋店長に向いている人、適性

ラーメンが大好きで探究できる人

ラーメン屋店長の適性として最も重要なのは、「どれだけラーメン作りに情熱を注ぐことができるか」ということだといえるでしょう。

実際、ラーメン屋店長として活躍している人のなかには、頭の中はラーメンのことばかりと話す人もいるほどです。

ラーメンはシンプルなようでいて奥の深い料理であり、「味」を真剣に追求していかなくては、すぐに他の店に客を奪われてしまいます。

ラーメンを心から愛し、スープの調合や、麺や具材などにもとことんこだわりぬいていけるような人、現状に満足せずもっとおいしいものを提供したいと思えるような人が、ラーメン屋店長には向いているといえるでしょう。

長時間労働が苦にならない人

ラーメン店は、その店の営業時間にもよりますが、一般的なランチ営業とディナー営業をする場合、朝の仕込みから閉店後の片付けなどまで含めると拘束時間が12時間以上におよぶこともあります。

もちろん、アルバイトを雇って仕事を分担することもできますが、基本的に個人経営の屋店長は自ら腕をふるってラーメンを作るため、途中から出勤したり早上がりをしたりといったことはほとんど行いません。

定休日を設けても1日のみという店が多く、あまりたくさん休める仕事ではありません。

こうしたことからも、長時間労働に耐えられるだけのラーメンへの情熱を持っている人でなければ、なかなか仕事が続かないといえるでしょう。

粘り強く努力できる人

いつかラーメン屋店長になることを目指している人のなかには、「会社員から脱サラして独立開業」という流れに夢を抱いている人もいるようです。

しかし、現実的なことをいうと、ただお金を稼ぐだけであれば会社員でいるほうがずっと割がよい場合も多々あります。

ラーメン店は競争が激しく、いざ店を出せば長時間労働のハードワークになるのが当たり前の世界です。

また、繁盛するかどうかは未知数であり、軌道に乗るまではうまくいかなかったり、経営が厳しくなったりすることもあるでしょう。

そのような厳しい状況下でもラーメン屋店長としてありたいのであれば、簡単には諦めず、逆境を跳ね返すくらいの気持ちで努力する気持ちが必要です。

一種の執念をもって仕事に取り組んでいける人であれば、いつか大成功を引き寄せることができるかもしれません。