ラーメン屋店長への転職

ラーメン屋店長の求人情報を見つける

それまでは別の仕事をしていたけれど、「どうしてもラーメン屋店長になりたい」という場合、いったいどうすればよいのでしょうか。

まず思い浮かぶのは、転職の求人を見つけるという方法でしょう。

求人情報サイトを使って調べてみると、ラーメン店スタッフの求人はたくさん見つかります。

店長の求人もそれなりにありますが、そのほとんどは「店長候補」で、ゆくゆく店長になることを前提として正社員あるいは契約社員などの形で雇用されるものとなっています。

フランチャイズで、各地域や全国に多店舗展開しているラーメン店は数多くあり、さらなる店舗拡大を見据えた店長や店長候補の募集は年間を通してよく見られます。

経験者は優遇されることがありますが、未経験であっても熱意さえあれば店長候補として働くことは不可能ではありません。一からラーメン作りを学び、一人前を目指すこともできます。

店によっては店頭に求人のポスターが貼ってあることもあるため、地道に探してみるとよいでしょう。

異業種から転職する人も増えている

最近では、元フレンチシェフ、元ソムリエなど、同じ飲食業界でもまったく異なるジャンルからラーメン屋を開業する人が増えているようです。

そうした人たちは、それまでに培ってきたものをうまくラーメンに取り入れたり、斬新なメニュー開発をしたりしながら、成功することを目指しています。

また、食べる側としてのラーメン好きが高じて、店長になることを決意する人もいます。

その場合、ラーメン店で働いた経験が一切なくても、全国を何百店、何千店と食べ歩くなかで独自に研究を重ね、成功しているケースもあります。

また、いわゆる「脱サラ」として元会社員が独立開業する例も多いことが、ラーメン業界の特徴です。

経営に自信がない場合でも、フランチャイズに加盟することで、本部のサポートを受けながら開業することができます。