ナレーターの勤務形態

正社員は狭き門

現在、日本にはナレーターとして活躍している人がたくさんいますが、その勤務形態や収入の仕組みは実にさまざまです。

まず、収入や福利厚生の面で最も充実しているのではないかといわれているのが、放送局のアナウンサーとして働いている人です。

アナウンサーというとニュースや実況を担当するイメージが強いかもしれませんが、ナレーションの実力が認められれば、ドラマやドキュメンタリーなどさまざまなところでナレーターとしての仕事を得ることができます。

NHKや東京のキー局をはじめとし、地方のテレビ局やラジオの放送局など、さまざまな就職先があります。

放送局に入局するといわゆる企業の正社員という立場になるので、福利厚生が充実していたりボーナスが支給されたり、産休や育休を取得しやすかったり…と恵まれた環境になります。

しかし、ナレーターの仕事だけを専門にできるわけではありませんし、採用試験が激戦になるため、自分の適性をよく見極めた上で応募したほうがよいでしょう。

放送局の正社員以外にも、番組制作会社や放送関連の会社の契約社員として入社して、ナレーションの仕事をするという道もあります。

フリーランスで働くスタイル

テレビ、ラジオ、イベントでの朗読など「とにかくナレーションの仕事だけを専門に行いたい!」という人に適しているのは、声優やナレーターが所属している事務所にフリーランスのナレーターとして籍を置くスタイルです。

自分のナレーションをCDやデータに収録した「デモテープ(通称ボイスサンプル)」を事務所に提出し、実力が認められれば所属することができます。

事務所には放送局やイベント会社などから次々と声の仕事の依頼が舞い込みます。そこに自分を売り込んで案件を引受けさせてもらうことで、さまざまな経験と収入を得ることができます。

フリーランスの場合は、基本的には出来高制で収入が決まるのが一般的です。収入は不安定ですが、実力次第でいくらでも稼ぐことができるという可能性に満ちているのが特長です。