救急救命士のやりがい

人の命を救うことができる

救急救命士にとってのやりがいは、何といっても傷病者の命を左右する現場に立つことでしょう。

人の命を助けるという現場では、他の仕事では到底あり得ない大きなプレッシャーを感じますが、全身全霊をかけて取り組むだけの価値があります。

救急救命士が向かう現場に、同じ現場は一つたりともありません。毎回の出動が緊張感の連続であり、自分自身がものすごい恐怖と戦わなくてはならないこともあるでしょう。

しかし、本気で仕事と向き合っていけば、必ずやりがいは見えてきます。

とくに救急隊員として活躍するなかで、自分が助けた傷病者の方やその家族からお礼のお手紙をもらうこともあり、そこでかけてもらえる「あなたのおかげです」の一声は、次の現場に向かう大きな力になります。

誰にでもできることではない、大きな誇りを味わえる仕事。それが、救急救命士です。

社会から必要とされ続ける仕事

医療業界は常にさまざまな問題を抱えていますが、近年、とりわけ注目されているのは救急救命士の「特定行為」についての問題です。

救急救命士は、医師や看護師とは異なる医療知識・医療技能を身につけて仕事をしますが、医療機関で行うような根本的な治療、手術などを行うことは基本的にできません。

傷病者に応急処置を施し、適切な医療機関まで速やかに運搬することが、救急救命士の基本的な役目です。

しかし、心肺停止状態の傷病者はまさに一刻を争う状況であるため、命を助ける可能性を少しでも高めるために、医師の指示を仰いだうえで応急処置以上の医療行為をもっと認めるべきだ、という意見が近年とくに目立ちます。

実際、時代が進むにつれて救急救命士の特定行為の範囲は広がりを見せており、それだけ救急救命士に対する社会的な期待の高さがうかがえるものとなっています。

医療問題の最前線に立つ救急救命士の責務は非常に重いものですが、それだけのやりがいがあることは間違いないでしょう。