航空管制官の現状と将来性

専門職ならではの安定性

国家公務員である航空管制官は、安定性抜群の職業と言えます。もしこの先、航空業界に多少の変動があったとしても、高度なシステムを扱うことは航空管制官にしかできません。

今後も機械化が進むことは考えられますが、航空管制官がいなくなるという事態はほぼないと思っていて良いでしょう。

さらに、航空管制官は専門的な職業ですので、1ヵ月や2ヵ月で仕事ができるようになるというものではありません。そのため、第一線で活躍できるよう、時間をかけて人材を育てていくという意味でも、この先も採用が大きく減るということは考えにくいと言われています。

また、特に問題なく仕事をしていれば、定年まで働き続けることができるのもこの仕事ならではの良さと言えるでしょう。

航空業界の発展

格安航空会社の参入や国際線の増加などによって、航空管制官の需要は高まっています。空港の整備や新しいシステムの導入も進んできているそうです。これからますますグローバル化が進んでいく中で、航空管制官に期待される役割は大きくなっており、活躍の場も広がっていくことでしょう。

専門職として、これからも需要がある将来性のある仕事ということができるでしょう。