考古学者に向いている人、適性

人類の過去の生活、歴史を知ることが好き

考古学者は、地球上に残された遺跡や遺物を通して、人類の過去の暮らしや歴史、文化の変化を研究します。

そのため、「歴史に強い興味が持てるか」という点は、考古学者を目指すうえで最低限必要なことになるといえるでしょう。

私たちは、書籍や教科書などを通じて歴史的な出来事をたくさん知ることができます。

しかし、昔の人がどのような環境で、どのような暮らしをしていたのか、そして当時の文化がどのようなものであったのかに関しては、まだまだ未知のことも多く残されています。

土の中に残された石器や着物、金属片などから、それらを紐解いていくことが考古学者の役割です。

一つひとつのカギをパズルのように組み合わせ、少しずつ謎を明らかにしていくことに情熱を注げるような人こそが、考古学者に向いているといえます。

探究心が強く、粘り強い

考古学者は、一つのことに対して集中して取り組めたり、好きなことにとことんハマってしまうような人が向いています。

未知のものを発掘・調査していく中で、答えを導きだすための手がかりは自分で見つけていかなくてはなりません。

しかし、いくらがんばってもすぐに成果が出るとも限りません。時には長時間かけて作業を続けても、あまり状況が進展せずに気が滅入りそうになることもあります。

そんなとき、すぐに諦めたり投げ出したりせず、「何とか見つけるんだ!」という強い気持ちをもって粘り強く取り組んでいくことが必要になります。

行動力と積極性がある

考古学者は粘り強さが求められる反面、その活動内容はフィールドワークが中心となり、各地へ発掘に出かけるなど、動き回る機会も多くあります。

そのため、何か情報を手に入れたらすぐ行動に移せるような人や、日々さまざまな方向にアンテナを張り、好奇心を持って新しいことに挑戦できる人。

こういった「フットワークの軽さ」を持ちあわせていることも非常に大切です。

土の中には、歴史を紐解くためのヒントとなるものがたくさん埋もれています。

それらを見つけ出すためには、いろいろなことに興味を持ち、物事に敏感であり、自分からどんどん行動していくような積極性が欠かせません。