考古学者の生活

勤務先によって働き方は異なる

考古学者は一般的に、博物館や自治体の教育委員会、埋蔵文化財センター、民間の発掘調査会社などで働いています。

これらに正規職員として採用された場合の勤務時間は、一般企業に勤めるサラリーマンと同様に8時〜18時くらいの間で、1日の実働は7.5時間程度となります。

しかし、必ずしも平日に出勤するとは限りません。博物館であれば土日は開館しているところが多いため、基本的に土日は出勤し、平日に交代で休みをとることになります。

一方、自治体は月曜日〜金曜日に働き、土日祝日は休みとなることが多いようです。

また、非常勤やアルバイトとして働く人もおり、その場合は1日に数時間だけ勤務したり、週に数日程度の出勤となることもあります。

仕事内容に関しては、自治体では埋蔵文化財の発掘調査や調査報告書作成がメインのこともあれば、博物館のように収蔵資料の整理・保管業務、施設運営、イベント企画を主に担当する場合もあるなど、就職先によって大きく異なります。

同じ考古学者といっても、生活スタイルは勤務先によってだいぶ違うといえます。

休日は発掘に出かけることも

先に挙げたとおり、考古学者の生活スタイルは勤務先や雇用条件によって変わってくるため、休日の状況も人によってだいぶ異なるようです。

博物館で勤務する場合は、平日を中心に月に6〜8日の休みが用意されることが一般的です。

また、博物館や自治体に勤めている人であっても、自分の休日を利用して、個人的に考古学の勉強や研究活動に勤しむ人がいます。

中にはあえて非常勤で働き、空いている時間を使って積極的に発掘調査に出かけるという人もいるようです。

考古学者として生きる人は、「考古学は自分の趣味であり、生きがいである」と話すことも少なくありません。考古学は、まだ見ぬものを発見する喜びが味わえ、生涯をかけて突き詰めていけるロマンあふれる学問。

仕事とプライベートを切り離さず、自らのライフワークとして考古学に接しているのかもしれません。