考古学者の求人・募集状況

考古学の知識を生かした仕事を探す

私たちは、遺跡や遺物を発掘し、それらを通して人類の過去の営みを研究する人のことを、便宜上「考古学者」と呼んでいます。

しかし、正確にいえばそれ自体は職業名ではないため、「考古学者」という名前での求人案件を見かけることは、そう多くありません。

実際、考古学の専門知識を身に付けている人の多くは、学芸員として博物館などで働いていたり、大学教授をしていたり、歴史関連施設で働いていたり、あるいは教育委員会の文化財保護課に勤めていたりします。

これらの場所で考古学の知識を生かしながら働き、人によってはさらに自ら発掘調査に出かけたり、研究活動を行ったりしているのです。

学芸員の求人

大学や大学院で考古学を学んだ人は、その後の進路として「学芸員」を目指すことが多いようです。

学芸員の仕事

学芸員は国家資格であるため、誰でもすぐになれるわけではありません。

大学で決められた科目を修得することや、学芸員資格認定試験に合格するなどの方法を通じて学芸員資格を取得したうえで、各博物館などの採用試験に合格する必要があります。

学芸員は人気が高い職業である反面、採用人数は非常に少ないことで知られています。また、定期採用はあまり行われず、「人員が不足したら募集を出す」というケースが圧倒的に多いことも特徴です。

そのため、一度の募集で100倍を超える倍率になることもあります。

非常に狭き門だといえますが、こういった場合、学生時代にアピールできるような発掘調査を手掛けた実績があったり、大学院まで進学して考古学に関する論文を書いていたりすることで、優遇される場合もあるようです。

自治体や民間の研究施設で働く人も

都道府県や市町村の教育委員会の文化財保護課に勤める人もいます。

この場合は「文化財担当職員」「調査員」といった肩書きで働くことが一般的であり、公務員の身分が確保されることから人気も高くなっています。

なお、専門職員になる人は、大学院に進学して博士号と取っている人が多いとされます。

その他、最近では民間の発掘調査企業で働く人も増えています。

しかし、いくら考古学を専門に学んでいたとしても、企業によって仕事内容はさまざまで、ほぼ肉体労働に近い形で発掘ばかり行う人もいれば、逆にデスクワーク中心で資料をまとめるような人もいます。

考古学に関わる仕事の募集を見つけたら、仕事内容が実際にどのようなものなのかをよく確認しておきましょう。

発掘調査だけの求人は比較的多め

発掘調査だけに関していえば、アルバイトとしての求人は比較的多く見受けられます。

ただし、未経験者を受け入れるような場合は、あくまでも現場の作業員的な要素が強いため、皆さんがイメージするような専門性を持った考古学者の姿とは、だいぶかけ離れたものになるかもしれません。

とはいえ、自ら勉強を続けながら発掘調査に参加し、活躍の場を広げていく人もいるようです。

考古学者の働き方はさまざま考えられますが、いずれも一般企業に就職する場合のように大々的に募集がなされるものではありません。

関係者とのコネクションを作りながら、地道に活動範囲を広げていくことが必要になっていくでしょう。