考古学者になるには

大学卒業が一般的

考古学者を目指すのであれば、大学で専門的に学んで学芸員の資格をとって博物館で働いたり、大学院を出て学者になるのが一般的です。考古学を専門に勉強できる大学は、文学部の史学科や歴史学科などです。

「考古学」といっても範囲は非常に広いため、第一線で活躍している考古学者は基本的に専門分野(どの国のどの時代か)があります。

ですので、自分が専門にしたい分野が決まっている場合は、それを専門にする教授がいる大学を目指すのが良いでしょう。

大学院まで進むべきか?

学芸員を目指す場合、大学はともかく、大学院まで進んで修士号や博士号をとらなければならないのか?と考える人もいるでしょう。決して必須というわけではありませんが、将来専門的に活動するのであれば、大学院でさらに専門性を深めておいたほうがベターという意見もあります。

博物館などの学芸員に応募する際には、論文や発掘実績の提出が求められることも多いので、大学院でより深く学んだことが、不利になることはないでしょう。

就職先は?

考古学者としての就職口はあるのでしょうか?結論から言うと、そこまで多いわけではありません。もっとも希望者が多いのは、博物館で学芸員として働くことや、教育委員会の文化財保護課などでの勤務だと思われます。

しかし、これらは募集人員が決して多いわけではなく、基本的に欠員した場合に募集をかけるので、希望するタイミングで見つからない場合もあります。ほかには民間の考古学研究所などもありますので、こまめに情報をチェックすることが肝心です。

また発掘調査だけであれば、各市町村が単発で調査員を募集する場合があります。この場合、給料は1回あたり無給(ボランティア)から6,000円程度のことが多いようです。わりと頻繁に募集していますので、インターネットを使って探すのが良いでしょう。