獣医師の志望動機

自分の経験によるものが多い

獣医師を目指す人の多くは、幼少期に動物と密に関わった経験を持っているようです。

たとえば、

「昔、自分で大切に飼っていたペットが病気で亡くなってしまった。苦しむ姿を目の前で見ていたので、いつか自分で助けられるようになりたい」
「ケガをしていた近所の野良猫を拾い、連れて行った動物病院の獣医師が優しかった」

といったような経験を通して、獣医師を志す人は少なくありません。

一方では、「自分ではペットを飼ったことがないけれど、野生動物のドキュメンタリーを観るのが好き。専門知識を生かし、希少な野生動物を守っていきたい」といったように、より広い視野をもって動物と関わっていきたいと考える人もいます。

「動物好き」以上の理由が必要になる

多くの人は、まず動物病院でペットを診療する「臨床獣医師」に憧れて獣医師を目指すようです。

しかし、大学で獣医学を深く学んでいくうちに、公務員として食品衛生や公衆衛生に携わる獣医師や、製薬会社等で研究開発を行う獣医師など、別の分野に興味を持つ人も出てくるようです。

知識を身に付け、さまざまな経験をするうちに、また新たな志望動機が生まれるものですが、獣医師を目指す場合、少なくともこの仕事が命に触れるものであるということを、しっかりと認識しておく必要があるといえます。

「命に触れる」ということは、時に「死にも直面する」ということ。動物

の命を救いたいという使命感、責任感は獣医師に不可欠であるものの、一方で動物の死を我慢できない人や、死は受け入れられないという人には向いていません。

実際、大学の実習などで動物の死と接した際に、つらくなって辞めてしまう人もいるのだとか。

こういったことからも、ただ単に「かわいいから動物が好き」という気持ち以上の何かを、自分自身で見つけていくことが大切だといえるでしょう。