獣医師の給料・年収

年収には幅がある

皆さんは、獣医師に対して「高収入が得られる仕事」というイメージを持っているかもしれません。しかし、獣医師の勤務先は多岐に渡るため、年収にもかなりの幅があります。

小さな臨床病院での駆け出しの獣医師と、独立開業して成功している人の差は相当あります。

また、ハードな仕事内容に比べ、給料や待遇はあまり良くない場合もあるため、収入第一で考えていると、毎日がつらいと感じてしまうかもしれません。

まずはこの仕事が好きであり、忙しい中でもやりがいや情熱を持ち続けられるかということが大前提といえるでしょう。

それでは、獣医師の具体的な収入について紹介します。

平均的な収入は?

動物病院の初任給は、地域によっても異なりますが23万円前後からスタートします。院長クラスになると35万ほどとなり、技術と経験によって給与が上がっていきます。

地方自治体で働く場合には地方公務員となるため、その地方の給与体系に従って、給与が支給されます。公務員としての手厚い待遇が得られる反面、とくに地方では民間より給与水準が低いケースも見受けられます。

医薬・製薬関連企業へ就職した場合には、企業規模によりますが、一般的に公務員よりは良い給与を見込むことができます。待遇面は企業によってだいぶ異なります。

平均年収は?

平均年収は平成27年の調査では、40歳で639万ほどであり、一般的なサラリーマンと同じか若干高い水準となっています。

動物病院は診療の値段を自由に決められる「自由診療」であるため、自分で動物病院を開業し、その病院が大人気になれば、年収数千万円という大きなお金を得ることもできます。

一方で、駆け出しとして雇われて働く場合の年収は、350〜450万円程度といわれています。

労働時間が長い

獣医師の年収は高い部類に入るといえますが、その分仕事もハードです。

動物病院では、週休1〜1.5日で1日平均12時間くらい働くことになります。手術などがあったりすれば、勤務時間は15時間ほどに及ぶこともあり、時給計算すると割がいいとはいえない部分もあります。

また、経験を重ね、動物病院を開業したからといっても、いきなり収入が増えるわけではありません。

最初は高額な医療器材などのローンを返したり、人件費、光熱代など、さまざまな経費がかかります。経営を波に乗せるまでには、時間がかかるのが普通です。

また、動物病院の競争は激化しているため、開業後も効果的な宣伝などで住民からの信頼を集めるなど、地道な努力と工夫が必要です。

獣医師の平均年収統計

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、獣医師の平均年収は40歳で約639万円となっています。

・平均年齢:40歳
・勤続年数:10.6年
・労働時間:177時間/月
・超過労働:10時間/月
・月額給与:435,800円
・年間賞与:1,158,200円
・平均年収:6,387,800円
出典:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成27年 獣医師の年収(規模別)

獣医師の年収は、勤務先の事業所の規模が1000人以上の場合の年収が低くなっています。

10人〜99人の事業所に勤める獣医師の平均年収は651万円、100〜999人は627万円、1,000人以上は586万円、10人以上平均639万円となっています。

獣医師の年収(規模別)_27

平成27年度 歯科医師の年収(年齢別・男女別)

母数が少ないため、統計にばらつきがありますが、40歳以上の男性歯科医師はおおむね年収が800万円近くなるようです。男性と女性を比較すると、全体的には女性の年収のほうが低い傾向にあります。

最も年収が高い年代は男性40~44歳、女性60~64歳となっています。

獣医師の年収(年齢別)_27

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。