自動車整備士の給料・年収

年収・初任給

自動車整備士の給料は、勤務の過酷さを考えると、恵まれているとは言えないかもしれません。自動車の整備という仕事が何よりも好きであることが必要になるでしょう。

自動車整備士の平均年収は毎年380万円〜400万円程度を推移しており、月給は28万程度が相場となっています。高卒者の初任給は15万円程度、短大卒や専門卒は17万円程度です。

この仕事では、20代前半などの若手も多く活躍しています。経験を積んでいくうちに少しずつ給料は上がるものの、何十万、何百万円も一気に昇給し、年収が跳ね上がるといったことはほとんど聞きません。

そのため、体力勝負の厳しい仕事内容に対して、給料が見合わないという声もよく聞かれます。高い給料をもらいたいという人には向かない仕事かもしれません。

ただし、勤務する会社によって収入にはだいぶ違いがあるようです。たとえば某大手メーカーのディーラーはボーナスが年に2回支給されますが、町の小さな整備工場ではボーナスが出ない場合もあり、職場によって年収も変わってくるといえます。

また、個人や会社の実績、業績に応じてインセンティブが加算される職場もあり、中には600万円以上の年収を稼ぐ人もいるようです。

待遇

社会保険制度や通勤手当、家族手当、単身赴任手当、住宅手当、役職手当などがあるほか、工具手当や作業服の洗濯代など、この仕事ならではといえる手当が用意されている職場もあります。

大きな会社であれば福利厚生施設の利用や持株会制度、社員旅行を行う会社もあります。待遇面も会社によってかなり差があり、やはり小さな会社よりも大手のほうが待遇がよい傾向にあるようです。

また、勤務先によりますが、残業が多く、勤務時間が長くなりがちな職業です。点検や整備する車が多かったり、書類の作成に時間がかかったりすると残業が日常化することもあります。

肉体労働的な要素も強いので、体調をしっかりと管理することが必要になります。

自動車整備士の平均年収統計

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、自動車整備士の平均年収は36.7歳で420万円となっています。

・平均年齢:36.7歳
・勤続年数:11.7年
・労働時間:168時間/月
・超過労働:20時間/月
・月額給与:290,500円
・年間賞与:724,300円
・平均年収:4,210,300円

出所:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成27年 自動車整備士の年収(規模別 ※男性のみ)

自動車整備士の年収は、規模が1,000人以上の企業だと高めの年収となるようです。10〜99人規模に勤める自動車整備士の平均年収は393万円、100〜999人規模は419万円、1000人以上規模は474万円、10人以上規模平均421万円となっています。

自動車整備工の年収(規模別)_27

平成27年度 自動車整備士の年収(年齢別 ※男性のみ)

自動車整備士の年収は、200万円弱からスタートし、少しずつ上昇していきます。最も平均年収が高い年代は45~49歳の515万円です。

平均年収は422万円となっています。

自動車整備工の年収(年齢別)_27

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。