翻訳家の給与・年収

企業に勤務した場合の給料

翻訳家の給料は個人によっての差が大きく、また就労のあり方でも変化してきます。実務翻訳などでは会社に専属して、社員として働くことが多く、そうした場合は正社員もしくはそれに準じた扱いになります。

いわば勤め人として会社員としての扱いになるので、ボーナス・福利更生、そして場合によっては勤続年数での昇給の可能性なども視野に入れられるわけです。

ただ産業翻訳でも規模や本人の実力などで収入の差は出てくるようで、該当の専門分野での何年かの実務経験などが要求されたりと、「質」に関する水準が高いこともあります。そうした会社ではその分給与も高く、中には大企業の社員並の給与が保証されているところもあるそうです。

産業翻訳者として一番多いのは、年収数百万など、中堅サラリーマン程度の額は確保できているケースが多いようです。企業に所属する翻訳家は安定収入の強みがあると言えるでしょう。ただし、翻訳者として企業に所属している人は、翻訳者全体のごく一部です。

フリーランスの給料

翻訳家のほとんどはフリーランスで働き、収入は翻訳する文字数×単価で決まります。一般的に医学・金融・産業技術など専門性が高い翻訳ほど単価は高くなる傾向にあります。

フリーランスの翻訳者の年収は仕事量やスキルにより大きく異なります。年収で1000万を超える翻訳者がいる反面、副業やお小遣い程度の収入にしかならず、二足のわらじを履いてる人も多いようです。

翻訳の単価は?

個人で翻訳業をやっていると無視できないのが翻訳料金です。会社員と異なり、単価によって給料が変わってくるので切実な問題です。翻訳の料金は通常は文字数が基準に決められていきます。一ワードあたりいくらか、もしくは400字詰原稿用紙の一枚当たりの値段で表わされます。

翻訳連盟の目安によれば英文和訳が一語あたり30~50円、和文英訳が35~70円程度とされています。

ただしフリーランスでは単価が安くても仕事を受ける人も多いので、中には一語が10円を下回る価格のケースもあるそうです。これは内職代わりにやる人や、海外の日本語ができる人が受注したりで値崩れをおこしているのも一因となっています。

単価が高いものには翻訳者の質が高いと認められているもの、言語や分野がマイナーすぎて他にできる人がいない、極めて高い専門性を要求される分野などがあります。

個人の出版翻訳

出版翻訳の場合は翻訳者にも印税が設定されていることがあります。その場合は本の売れ行きにしたがって収入が増し、訳書がベストセラーになった場合、数千万、時には億単位の収入がでてくることもあるそうです。

印税率は出版社との関係や翻訳者のキャリアなどによって差がでてきますが、通常は3~8%程度はあるそうです。

売れることが見込める本、評価の高い本などは定評のある翻訳家や名前が売れてる人に仕事がまわされることが多く、駆け出しやマイナーな翻訳者にはそうそう回ってこないのが現状です。

翻訳者の中には自分で海外の面白そうな本を発掘してき翻訳の企画を出版社に持ち込むという人もいるそうです。そうした本がヒットすればその分の収入増が見込めますし、またそうした営業力や調査力が認められて、いろんな仕事が発注されてくることもあるからです。

登録会社のマージン

個人で翻訳をやる場合は、翻訳会社のトライアルの試験を受けて合格し、そこから仕事を斡旋してもらうとやり方もあります。これは個人が仕事を探す営業努力は省かれていますが、直接の注文を受けるわけではありません。いわば会社が仕事紹介の中間業者となるので、中間マージンとなるものを取られてしまいます。

大手や評価が確立されている会社ならそれなりに個人の翻訳者の取り分も配慮されています。ですがこれがかなりマージンを取るタイプの会社になると、登録者の一ワードあたりの最低料金も低く抑えられている場合があります。

一般人の副業や主婦の内職、駆け出しの新人の仕事の場合にはこうした会社への登録となることも多いですが、それだけで生計を立てようとすると苦しくなります。会社の評判や登録条件に注意してから登録先を選ぶようにしましょう。

仕事体験談