漫画の編集者の仕事

漫画家と二人三脚で作品を作り上げる

出版社などで働く編集者は、自身が担当する書籍や雑誌などによって仕事内容が少しずつ異なってきますが、漫画の編集者の一番の特徴は、「漫画家と二人三脚で読者にウケる作品を作り上げること」だといえるでしょう。

漫画の編集者は、それぞれが担当の漫画家を持って動くことになります。

簡単にいえば、漫画を描くのは漫画家であり、漫画家が描いた原稿を受け取って印刷に回すのが漫画編集者の大きな役割です。

しかし、漫画家は決して一人だけで作品を1から10まで仕上げるわけではありません。

ここからは、具体的な漫画編集者の仕事内容について見ていきましょう。

漫画家と編集者の関係

どれだけ漫画家が自分で満足しているものを描いたとしても、編集者がOKを出さなければ、漫画雑誌に連載されることはありません。

まず、編集者は漫画家と一緒にストーリーの構想を練り、より魅力的だといえる作品を考えていきます。

その内容を基に、漫画家は「プロット」といわれるものを作り、簡単な絵とセリフが入った「ネーム」を描きます。

そして、ネームの内容を編集者が確認してOKを出せば、ようやく漫画家は原稿用紙に絵を描き始めます。

原稿が完成すれば、編集者はその内容を再度チェックして、問題がなければ印刷所へ入稿。「校了」といわれる段階を迎えます。

これだけだとシンプルなものになりますが、いざ漫画家が作品を描く工程では、編集者はさまざまなフォローをしなくてはなりません。

たとえば、漫画家がスランプに陥ってしまった際には話を聞いてメンタル面のサポートをしたり、ストーリーを考えるにあたって必要な資料を集めたり、取材旅行の準備をしたりすることも編集者の仕事です。

編集者は最初の読者になる

漫画編集者は、漫画家にとって、一番最初に作品に目を通す「読者」という立場でもあります。

だからこそ、漫画家に対しては、漫画作りのプロの目線と、一般的な読者の目線の両方から、作品に関して率直な感想やアドバイスをする必要があります。

漫画家はなかなか思うような作品が描けなかったり、読者アンケートの結果が思わしくなかったりなどでつらい時期もありますが、だからこそ、共にその壁を乗り越えれば大きな喜びが待っています。

漫画家と編集者は、強い信頼関係の下に成り立つ関係であるといっても過言ではありません。

仕事体験談