編集者に有利な大学はある?

学歴は必要?

高校生のときから、「自分は将来、絶対に編集者になる!」と決めているのであれば、どのような大学に進めばいいのか気になるところでしょう。

答えからいうと、この大学に入っておけば非常に有利になる、ということはありません。

しかしながら、大手の出版社に就職している人たちの学歴を見ていると、関東の私大ならばやはり早慶上智が多い傾向にあるようです。

また、地域でいうならば、出版社は東京近郊に集中しているため、東京の大学に就職したほうが何かと無難ではあります。

学歴に対して出版社がどう判断しているかは不明ですが、実際のところ偏差値で決めている面もゼロではないといえそうです。

出版社は浮き沈みが激しく、とくに昨今は本が売れない時代になっており、出版社としても人を雇う体力がなくなってきています。

少しでも優秀で、意欲の高い学生を採用したいと考える結果、偏差値の高い大学の出身者が採用されやすくなっているのかもしれません。

出版不況といわれるなかでも安定しているのは大手である集英社や講談社ですが、狭き門なのはいうまでもありません。

有利な学部は?

では、学部についてはどうでしょうか。

出版社に入るうえで、文系だから有利、理系だから不利ということはまずないといっていいかもしれません。採用試験においても、「学部学科不問」で募集されることがほとんどです。

ただし、どの学部に在籍していても日頃から本を読む習慣をつけておくことは必須です。

大量の文章を読むのにつらくなるようならば、編集者としてはやっていけません。

学歴を問わない出版社も多数ある

これだけだと、「自分の入る大学は偏差値が低いから、もう編集者にはなれない」と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

出版社は有名な大手以外にもたくさんありますし、そのなかには偏差値を気にしない出版社も複数あります。

また、出版社の下請けの編集プロダクションは、比較的さまざまな大学卒業生が集まっています。

しかし、編集者というのは過酷な職業です。

もし、編集者になりたいと考えている方が高校3年生で受験戦争の真っただ中にいるのであれば、社会に出てからはその10倍厳しい日々を送ることになるという覚悟を持つことが必要です。

このように、編集者になるために特別に有利な大学というのはありませんが、大手出版社の一般的な傾向として、高学歴を採用しているということ、そして、出版社の多くは東京都に会社を置いているということを覚えておきましょう。

仕事体験談