編集者になるために努力したこと (体験談)

編集者になるために努力したことはいくつかあります。

1.プライベートでもアンテナを広げる

編集者という仕事柄、常に10〜30は企画案を持っていなければなりません。企画が思い浮かぶのは、食事をしているときや、お風呂に入っているとき、寝る前などさまざまです。

しかし、一番いい案が出るのは決まって外に出ているときです。商店街を歩いている時や、スーパーで買い物をしているときでも企画の種はごろごろと転がっています。それらを見落とさないように、日頃から編集者の目線で物事を見ています。編集者になると、定期的に企画会議が行われます。

「何かいい企画ない?」と質問されますので、そこで答えられるのと、「どうでしょうねえ」と首を振るのとでは、編集者の力量にも差が出ますし、上司の見る目も変わるのは当然のことです。

2.自分で時間を決める

本を作るということは、同時に締切も発生します。締切までの日数を逆算して、何日間でこのページを完成させて、何日間で取材を終わらせる。などといった時間の把握が必要となってきます。直前で死に物狂いになっても終わるものではありません。いかに良いスタートダッシュを決めるかで時間に余裕ができるかできないかが決まります。

ライターやカメラマンなどのフリーランスに頼む時でも、必ずいつまでに提出するように、とはっきりと言わなければなりません。その「いつまでに」を考えることができるのが編集者の力量です。

3.本を読む

本は日頃から読んでいます。電車の中や寝る前などが主な読書の時間です。有名な編集者が書いた本やフリーランスライターが書いた本などは、編集業務にも役に立つことが盛りだくさんです。

4.コミュニケーションを大切にする

フリーランスへの依頼、取材時のアポイント、取材のヒアリングなど、コミュニケーションが高ければ、それだけ物事は円滑に進みます。特に取材時は、どれだけ相手と仲良くなって、相手の心の内をひっぱりだすかで良い本になるかどうかが決まります。

5.お酒に呑まれない

編集者は絵に描いたようにお酒に呑まれます。日頃のストレスや疲れをお酒で発散したり、歌舞伎町で発散したりするのが常となります。しかし、お酒に飲んだくれても仕方ありません。人生がより良くなるわけでも、いい企画が出るわけでも、上司に怒られなくなるわけでもありません。

このように、編集者になるために、人はみんな何かしらの努力を大なり小なりしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加