ゲームクリエイターの現状と将来性

厳しい状況が続くゲーム業界

現代は娯楽が多様化し、ゲーム業界は苦戦を強いられています。ゲームソフトの発売本数は年々増えていると言われますが、大ヒットする作品がある反面、完全に赤字となるような全く売れない作品も少なくなく、ゲーム会社間の競争は厳しくなっています。

しかし、本当に面白いゲームが生み出せれば、人々は付いてくるものです。技術の進歩によって実現できることは10年、20年前よりずっと増えていますが、それをどう活かすべきかを考えるのは、いつも「人」です。

斬新な発想や創造力を存分に発揮し、これまでになかったような面白いゲーム、多くの人に受け入れられるゲームを生み出せる人材は、今後ますます必要とされていくでしょう。

また、ゲームクリエイターは、ただアイディアを出せばいいというものではありません。

プログラムやシステムについても造詣が深く、幅広い知識を活かして全体を見渡して動ける人は、大きな仕事に関わったり、さまざまな場所で活躍しやすいようです。

プログラマーやデザイナーからディレクターになるということも、決して珍しい例ではありません。

若手が活躍できる業界

若手が活躍しやすい業界でもあることも特徴の一つです。スキルと才能があれば独立することもできます。業界全体としては厳しい状況にありますが、自分のやり方次第では大きく成功できるチャンスを掴めるでしょう。

世間の流行や人々のニーズは変化していくため、マーケティング力をつけて自分自身の嗅覚を研ぎ澄ませることや、ゲームに関する勉強を続けてスキルを高めていくことが大切と言えます。

また、近年はスマートフォンでソーシャルゲームを楽しむ人が増えています。

既存のゲームもオンライン化を進めるなど試行錯誤を繰り返しており、業界の厳しい状況が伺えますが、手軽にゲームを楽しめることになったことで、ライトユーザーは以前より増加傾向にあると言われています。

考え方によっては、現代はクリエイターにとって大きなチャンスでもあるのです。

仕事体験談