絵本作家は副業・兼業でもなれる?

絵本作家は、生計を立てるのが難しい職業で、副業や兼業をしながら活動しています。

チャンスをつかむことが出来れば年齢関係なく、誰でも絵本作家になれます。

この記事では、どうしたら絵本作家としてチャンスをつかめるのか、生計が立てづらい現状などを解説します。

絵本作家に転職するためには

チャンスさえあればいつでも目指せる

絵本作家は、年齢や性別関係なく、誰でも目指せます。

学歴や資格も必要ありません。

イラストと文章の才能があり、チャンスをつかめれば絵本作家への転職は可能です。

ただし、コンテストやコンクールで多数応募者の作品の中から賞に選ばれるのも一筋縄ではいかないため、絵本作家のスタートラインに立てるのは「ほんの一握りの人だけ」です。

生計を立てるのは至難の業

絵本作家という職業は非常に「狭き門」です。

なおかつデビューできたとしてもその後は、収入的に不安定で厳しいことが多いことを知っておかなければなりません。

絵本はもともと、出版全体から見ると発行部数が少なく、発行頻度も多くはありません。

絵本で100万部以上のヒットを飛ばすせるのは、何年も継続的に売れ続けるロングセラー作品だけです。

絵本作家に転職するときには、一部の作家以外は収入が不安定であることを知っておくのも重要です。

参考:絵本作家の給料・年収

絵本作家の求人状況

企業が絵本作家の求人を行うことは、一般的にはありません。

ほとんどの絵本作家は、「フリーランス」で仕事をしています。

また多くは、サラリーマン・イラストレーターなどと兼業して生活しています。

作家として最初から成功する保証はなく、安定性のある仕事を持ちながら活動しているのが現状です。

絵本作家を目指すときは、今ある仕事を継続しつつ、活動したほうがよいでしょう。

絵本作家への転職を成功させるには

もっともリスクの少ない絵本作家への転職方法は、現在の仕事を続けながら作品を描き、

出版社に売り込む
・コンテストに応募する

という活動をはじめることです。

絵本は売れはじめるまでにかなりの時間を要する職業で、絵本を出したとしてもすぐに収入に直結する仕事ではありません。

専業に捕らわれるのではなく、まずは兼業や副業として絵本作家を目指すのが一般的です。

サラリーマンなど別な仕事をしている人、ライターのような文章に関わる仕事をしている人、イラストレーターや画家として活躍している人、主婦の傍ら絵本を作る人などさまざまです。

また、絵本作家は子どもを好きな人が多いため、保育士など子どもに関わる仕事を選び、日々の生活の中から絵本のアイデアを得るという生活をしている人もいるようです。

絵本作家は、絵や文章を書くなどのの趣味や特技からプロになるケースが目立ちます。

兼業をしながら、こつこつと作品を作り貯め、収入は少ないながらも絵本作家を続けている人は多くいます。

自費出版からのデビュー

近年は、自費出版が手軽になったこともあり、自分だけで絵本を出版することも可能になりました。

イラストレーターや絵本作りをしている人が、SNSなどで作品を発表するうちに読者が増えると、出版社から声を掛けてもらうこともあります。

費用がかかっても「自分の書いた作品を本にしてみたい」という方にとっては、嬉しい出版スタイルです。

「絵本作家は副業・兼業でもなれる? 」のまとめ

絵本作家になるには、性別・年齢・仕事をしていることはマイナスにならず、いつでも気持ちさえあれば、はじめられます。

また、兼業をすることで新しいアイデアが生まれることもあります。

デビューするために、まずは根気強く地道に活動していくことが、絵本作家になる近道と言えるでしょう。