絵本作家は副業・兼業でもなれる?

絵本作家への転職

絵本作家への転職の実情

企業が絵本作家の求人を行うということはなく、ほとんどがフリーランスで仕事をしているため、絵本作家への転職=絵本作家として独立することといえます。

絵本作家は年齢や性別に関係なく誰でも目指すことができ、学歴や資格も必要ありません。

イラストと文章の才能があり、チャンスをつかむことができれば絵本作家への転職は可能です。

ただし出版のプロフェッショナルに認めてもらうのも、コンテストで多数の応募者の作品の中から賞に選ばれるのも一筋縄ではいかないため、絵本作家のスタートラインに立てるのはほんの一握りの人だけです。

生計を立てるのは至難の業

絵本作家という職業は非常に狭き門であり、なおかつデビューできたとしてもその後は収入的にも厳しいということを知っておかなければなりません。

絵本はもともと出版全体から見ると発行部数が少なく、発行頻度も多くはありません。

絵本で100万部以上のヒットを飛ばすことができるのは、何年も継続的に売れ続けるロングセラー作品だけです。

絵本作家に転職し、絵本の仕事だけで生計を立てるのは、ごく限られた人だけと覚悟することが重要です。

絵本作家への転職を成功させるには

もっともリスクの少ない絵本作家への転職方法は、現在の仕事を続けながら作品を描きため、出版社に売り込んだり、コンテストに応募したりという活動を始めることです。

活動が実り絵本の出版が決まったとしても、継続的に仕事の依頼が来るかどうかはわかりません。

そのため絵本作家専業に捕らわれるのではなく、まずは兼業や副業として絵本作家を目指すのが一般的です。

絵本作家としてデビューし、ヒット作が出たり仕事が軌道に乗ったりするまでは現在の仕事を続けながら、またはイラストや挿絵の仕事と兼業しながら絵本作家を続けるとよいでしょう。

自費出版からのデビュー

近年は、自費出版が手軽になったこともあり、自分だけで絵本をつくることも可能になりました。

イラストレーターや絵本作りをしている人が、SNSなどで作品を発表するうちに読者が増えファンがついたり、出版社から声を掛けてもらったりすることもあります。

たとえ兼業だとしても根気強く地道に活動していくことが、絵本作家になる近道と言えるでしょう。

副業・兼業の絵本作家

絵本作家の多くが、兼業作家として活躍しています。

絵本は売れはじめるまでにかなりの時間を要する職業で、絵本を出したとしても収入に直結するとは限らないからです。

サラリーマンのような全く別な仕事をしている人、ライターのような文章に関わる仕事をしている人、イラストレーターや画家として活躍している人、主婦の傍ら絵本を作る人などさまざまです。

また、絵本作家は子どもが好きな人が多いため、保育士など子どもに関わる仕事を選び、日々の生活の中から絵本のアイデアを得るという生活をしている人もいるようです。

絵本作家はもともと絵や文章を書くことが趣味で、その趣味や特技を生かしてプロになるケースが目立ちます。

そのため、兼業をしながらでもこつこつと作品を作り貯め、収入は少ないながらも絵本作家を続けている人は多くいるのです。