新幹線の運転士になるには

新幹線電気車の免許取得までの道

300キロ近いスピードを出す新幹線の運転士は、まさに運転士の“花形”といえますが、新幹線を運転するまでには、厳しい道のりが待っています。

鉄道会社に入社したら、運転士として勤務する以前に駅員、車掌を数年間ずつ経験します。その後は社内試験に合格して国家試験を受験。「動力車操縦者免許」を取得し、在来線の運転士としてさらに数年間経験を積みます。

いくら運転の技術が向上しても、そのままでは新幹線を運転できません。社内で新幹線運転士の募集が出たら、応募して選抜試験を受験します。

その試験に合格して、ようやく新幹線に関する勉強と訓練がスタートし、新幹線を運転するために必要な「甲種新幹線電気車」免許の取得を目指します。

試験はどれも簡単なものではなく、努力はもちろん、健康状態や判断力などの適正も必要となります。

自動運転の進化

安全と正確さが何よりも大切な新幹線は、運転士の手ひとつだけで運転されているわけではなく、コンピュータープログラムも使いながら運転しています。

特に「自動運転機能」は年々進化しており、運転士の大きな助けとなっています。ただし、全ての運転を機械任せにすることはできないため、最終的には運転士の判断力や高い技術が求められます。

各社が運転する新幹線

新幹線にもいろいろありますが、「のぞみ」や「ひかり」などの東海道・山陽新幹線は、東京〜新大阪間がJR東海、新大阪〜博多間がJR西日本の担当となっています。

そのため、JR東日本に勤務する運転士が「のぞみ」を運転することはあり得ません。

JR東日本の場合は「はやて」や「とき」など、東北・上越・長野新幹線を担当しています。先の話にはなりますが、もし将来運転士を目指したい新幹線が決まっている場合は、この点も念頭に置いて受験する会社を選ぶ必要があるでしょう。