コンサルタントの種類

専門分野に分かれるコンサルタント

大手のコンサルタント専門企業では「総合コンサルタント」として、どんな企業からのどんな相談にも乗るというスタイルを取っているところもあります。

一方で、比較的規模の小さいコンサルタント専門企業や個人事務所では、専門分野を明確にすることで特定の顧客層との結びつきを強めている傾向があります。

典型的な例としては、企業の経営方針に関してアドバイスをする「経営コンサルタント」でしょう。

クライアントである企業に出向き、担当者からヒアリングをするなかで、財務状況や雇用状態を分析して、企業がさらに利益を出せるように課題と改善策を提案するのが仕事です。

さらに、経営をサポートするコンサルタントの中でも、病院関係のコンサルティングを行う「医業経営コンサルタント」や農業従事者へのコンサルティングを行う「農業経営コンサルタント」など、細かく分かれていることもあります。

長期的に第一線で活躍しているコンサルタントは特定の分野に精通していることが多く、コンサルタントにとって専門分野を持つことは生き残りのためにもとても重要なことなのです。

システムを導入するコンサルタントも

最近では、あらゆる企業や官公庁でITシステムが欠かせないものになってきています。

こうした動きに伴って、クライアントのコンピューターシステムを調査したり新たなネットワークを構築したりする「ITコンサルタント」も注目を集めています。

これ以外にも、建設に関してサポートする「建設コンサルタント」、都市計画に関してサポートする「都市計画コンサルタント」、土地の再開発をサポートする「再開発コンサルタント」など、実にさまざまなコンサルタントが活躍しています。