コンサルタントの1日

コンサルタントのタイムスケジュール

コンサルタントは、クライアントである民間企業や官公庁に出向いて、情報の分析や問題解決策の提案をするのが仕事です。

そのため、基本的にはその時に取引をしている相手先の就業時間に合わせて勤務をすることになります。一般的な一日のスケジュールは、このようになります。

08:30

自分の会社に出社、メールチェック

09:00

クライアントに提出する資料の作成

10:00

クライアントである企業を訪問

11:00

担当者からヒアリング

13:00

昼食休憩

15:00

ミーティングに参加

19:00

クライアントを退社 

20:00

自分の会社に戻り、残務整理が終わったら退社

クライアントのスケジュールを最優先に

コンサルタントは、コンサルタントを専門にする大手企業や個人事務所などに所属しています。

朝はまず自分の会社に出社して、メールをチェックしたり、一日の流れを確認したり、クライアントに提出するための資料を作成したりします。

準備ができたらいよいよクライアントを訪問し、担当者を交えて情報収集や打ち合わせをします。

どんな小さな情報でも、その企業を分析するための重要なヒントになることがあるため、取引先の人たちと親交を深めながら積極的に情報を取り入れる姿勢が欠かせません。

忙しい時期には昼食休憩もろくに取れないこともあり、基本的には多忙な一日を送っています。

終業時間に関しては、クライアントが夜遅くまで残業しているような会社だったり複雑な案件でトラブルを抱えていたりするときには、終電近くになってしまうということも珍しくありません。

仕事が終わったら自分の会社に戻りますが、残業が長引いたときなどは出先から直接家に帰ることもあります。