ブリーダーになるには

ブリーダーに必要な資格は?

ブリーダーになるために特別求められる資格はなく、学歴や年齢なども普通問われないため、どのような人でもブリーダーになるチャンスはあります。

ただし、動物を販売するにあたっては、「動物の愛護及び管理に関する法律(通称:動物愛護法)」内の「動物取扱業の規制」に基づき、保健所に「動物取扱業の届出」を提出しなければなりません。

一般的なブリーダーも、動物を繁殖させたうえで販売を行うため、届出が必要になります。

ブリーダーに必要な知識を学ぶ

ブリーダーは個人で働く人が大半の仕事であるため、学歴はほとんど問われません。ただし、ブリーダー業を営む企業に務める場合は、「高卒以上」の学歴が問われることが多いようです。

また、いくらブリーダーになりたいと思っても、素人がいきなり独立して仕事をするのはほぼ不可能だといえます。そのため、すでにブリーダーとして活躍している人の下で経験を積む人が多くなっています。

未経験者を受け入れてくれるケースもありますが、ブリーダー養成のための専門学校、また自宅にいながらにして学べる通信講座で、事前に知識を身に付けることもよいでしょう。

ブリーダーは専門知識やノウハウが必要とされる仕事です。現場に入る前にブリーダーに求められる基礎知識を体系的に学ぶことで、現場での理解が早まったり、活躍のチャンスが広がる可能性があります。

ブリーダーに向いている人

ブリーダーは命ある動物たちを扱うため、動物に対する責任感や粘り強さ、また日ごろの世話をきちんと行えることは必須条件といえます。

毎日の餌やり、排せつ物の処理、健康管理はもちろん、病気になってしまう可能性もありますし、出産が夜中になることもあります。

動物のペースに合わせなければならないことも多く、「好き」という気持ちだけで成り立つ仕事ではありません。

将来を見据えて資格を取る

ブリーダーそのものの資格はありませんが、動物に関する幅広い専門的な知識を得るため、「訓練士」や「動物看護士」「愛玩動物飼養管理士」などの資格を取る人もいます。

動物看護師の仕事

後に独立開業を目指す場合は、訓練学校の卒業や専門的知識の認定試験に合格していることが必要になります。

独立開業を目指す場合

ブリーダーとして販売を行うためには「動物取扱業」の届出が必要になります。この方法は、各都道府県で若干の違いがあるため、保健所などに確認してください。

動物取扱業の登録をするためには

<東京都の場合>

1.動物取扱責任者の講習を受講します。

動物取扱責任者になるためには資格要件があります。

・動物取扱業の種別ごとに、6か月以上の実務が必要
・知識や技術を学ぶため1年以上教育する学校を卒業していること
・知識や技術についての資格試験に合格していること

2.登録申請をします。
3.施設の立ち入り検査を受けます。
4.検査に合格すると「登録証」が発行されます。
5.営業を開始できます。
6.動物取扱責任者研修を受講します。(年1回以上)
7.5年ごとに登録を更新します。

単純に繁殖のみを行う場合は、動物取扱業の届出義務はありません。

ただし、繁殖させた動物を飼い主となる人に譲り、お礼として品物や交通費、そのほかにかかる実費などを受け取る場合は「有償」扱いになるため、動物取扱業の取得が必要です。