ブリーダーになるための学校(専門学校・スクール)

動物について学ぶには?

ブリーダーは、なるために必ずしも特別な学校に通わなくてはならない職業ではありません。

一般的な高校や大学などを出て、そのまま個人のブリーダーになったりブリーディングを行う企業に就職して、現場で必要なスキルを身に付けていく人もいます。

ただし、ブリーダーとして活躍していくためには、犬や猫といった動物の生体に関する深い知識が不可欠です。

そこで、まずは動物関連の専門学校に通い、基礎的なことをしっかりと学んでから現場に入る方法をとる人もいます。

ここでは、ブリーダーを目指す人の学校について紹介していきます。

動物の専門学校

ブリーダーそのものだけを養成する専門学校はほとんどありません。

多くの動物専門学校では、グルーミング、トレーニング、動物看護、飼育管理など、幅広くペットに関わる仕事を目指す人に向けたカリキュラムが用意されています。

専門学校によっては、「動物看護士」や「訓練士」などの資格取得が目指せるところもあります。

こう紹介すると、直接ブリーダーの仕事とは関わりがないように見えるかもしれませんが、いざブリーディングを行っていくことになれば、学校で身につけた動物特有の性質や病気についての専門知識が生かせる場面は多々あるでしょう。

学校卒業後は、個人のブリーダーのアシスタントになるか、ブリーディングを行う企業への就職を目指すことになります。

動物の専門学校を出ていると、就職の際に優遇されるケースもあるようです。

通信講座で学ぶ方法も

学校で学びたいけれど通学するのは難しいという場合、DVDやテキストを使用した通信講座でブリーダーの知識を身に付ける方法もあります。

通信講座の場合、教室で授業を受けるのとは異なり、その場ですぐ講師に質問ができなかったり目標を持った仲間と触れ合えないのが難ですが、電話やメール等を使ったサポート体制や、添削指導が用意されている講座もあります。

限られた時間で、ブリーダーとしての基礎知識を身に付けたい人には向いているかもしれません。

また、講座によっては「愛犬飼育管理士」や「JCSA認定 ドッグブリーダー」などの資格取得を目指せるものもあります。

短期間で学べるスクールも

動物の専門学校は、2年制や3年制のところが多く、ある程度の時間をかけて動物の整体や健康管理、飼育などに関する知識と技術を身につけていきます。

しかし、なかには資格取得を目標に学べるスクールも存在します。

スクールによってカリキュラムには違いがありますが、最短1ヵ月程度で学べるコースもあります。

また、社会人などを対象に、夜間や週末を使って学べるスクールもあるため、さまざまな学校を調べて比較してみるとよいでしょう。