バーテンダーに向いている人、適性

自分自身がお酒が大好き!という人

「自分自身がお酒が大好き!」という人は、やはりお酒が嫌いな人よりもバーテンダーという職業を楽しむことができるでしょう。お酒が好きなら勉強していても楽しいですし、お酒の味を研究するためにいろいろなお酒を飲んでみたり、他のバーに勉強がてら飲みに行ったり…なんてことも積極的にできるはずです。

お客さまに楽しい時間を過ごしてもらうためには、自分もお客さまとの時間を楽しむことが大切。ときにはガマンしたり努力をすることももちろん大切ですが、自分が楽しみながら働ける環境をつくることも重要なのです。

探究心や想像力のある人

お酒を飲むことが好きということに加えて、創造性が豊かな人が向いている仕事です。お酒の種類は膨大であり、その組み合わせは無限にあると言っても過言ではありません。

カクテルをつくる際に重要なのは「オリジナリティ」。定番のレシピを覚えるだけでなく、バーテンダーは常にいろいろなアイディアを考え、自分だけのオリジナルのカクテルを作ることも求められます。

新しいものを考えたり実行するのが好きな人、ものづくりが好きな人はバーテンダーに向いているはずです。

人と接するのが好きな人

バーテンダーにとっては、接客も非常に大事なスキルです。単純に面白い話ができるということではなく、お客さまがどんな会話を求めているかを考えて対応することが必要です。

話をしてほしいのか、話を聞いて欲しいのか、あるいは全く話をしたくないのか、そういった微妙な雰囲気を感じ取る能力が大切になります。

もちろん「人と接するのが好き」「話をするのが好き」という人は、バーテンダーとして実力を発揮できるでしょう。常に新聞やテレビをチェックして、話題やトレンドをキャッチしておくのが苦にならないという人もバーテンダーに向いています。

体力がある人

ずっと立ちっぱなしだったり、お付き合いでお酒を飲んだり、深夜まで働いたり。バーテンダーは昼夜逆転で、体を使う仕事ですので、体力に自信がないと厳しいかもしれません。