ルートセールスの志望動機・面接

志望動機の例

ルートセールスを志望する人の多くは、そもそも「営業」という仕事に興味があり、「人と接する仕事がしたい」「お客さまのニーズに応えたい」「たくさんの商品やサービスを売って会社の売上に貢献したい」といった思いを持っています。

なかでもルートセールスの場合は既存顧客との付き合いが中心となるため、「顧客とじっくり信頼関係を築き上げることに重きを置いた営業活動がしたい」という意思が、志望動機につながるケースが多いようです。

また「志望先が取り扱う商材やサービスが好き・興味がある」ということも、志望動機の一例になるでしょう。

志望動機を考えるにあたって

営業職は、じつにたくさんの企業で必要とされている職種ですが、ルートセールスは新規開拓営業に比べると求人が少なく、応募倍率も高くなりがちです。

そのため、志望動機はできるだけ他の人と似たり寄ったりのものにならないよう、具体的なエピソードを交えながら、わかりやすい内容にすることを心がけましょう。

また、各企業が求めている人物像をよく理解しておき、自分が志望先にどう貢献できるのかということを伝えることも大切です。

完成したら他の人にも読んでもらうなどをし、初めてその内容を知る人にも伝わるものになっているかチェックするとよいでしょう。

面接で注意したいこと

ルートセールスは特別なスキルや資格は求められないことも多いですが、その分、他人と上手にコミュニケーションをとれるか、どのような人ともうまく人間関係を構築していけるかといった点が合否の判断ポイントになりがちです。

面接では、明るい笑顔を心がけ、親しみやすさや誠実さをアピールするようにしましょう。

また、ビジネスマナーや身だしなみにも最大限の注意を払っておくに越したことはありません。

一般的には面接であまり難しいことは問われませんが、営業に必要な忍耐力やストレス耐性を判断するために、あえて厳しい質問を投げかけられることもあるようです。

そこですぐ焦ったり熱くなってしまうことなく、できるだけ冷静に自分の考えを話すように心がけたいものです。